ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home»特集記事一覧»札幌繁華街でのコンパニオン宴会(すすきの)

札幌繁華街でのコンパニオン宴会(すすきの)

2018年09月21日更新

Sapporo Hankagai

アジア最北の歓楽街、すすきの

札幌市の歓楽街

道路が碁盤の目のように広がっている札幌市。JR札幌駅を出て、雪祭りなどで有名な大通り公園を通り過ぎた先が、「すすきの」と言われている界隈だ。ローリー郷と呼ばれる、男性がウイスキーを飲んでいる姿が描かれている、ニッカウヰスキーの看板が夜になると煌々と光り輝き、「すすきの」のイメージ画像としてよく使われている。

開拓時代を支えたのすすきの

Sapporo Hankagai01

明治維新後に始まった、札幌の開拓。何もない状態の札幌ではあったものの、開拓に伴い土木作業を行う人夫が大勢集まっていました。しかし、その寒さなどの過酷な状況に耐えられなくなり、なかなか居つかない。と言うのも事実。そこで、芸者などを集めた歓楽街が札幌のすすきの界隈に作られました。その流れが今も続き、すすきの界隈は現代でも賑わっているのです。

すすきのって、どんな街?

すすきのと言う区画もしくは、町名は登記上ありません。何となくこの辺りと言う界隈を指しており、店舗名にも「すすきの店」や「すすきの支店」などの名称がついたり、駅名にも「すすきの」という名前が入ったりしています。ショッピングセンターだけでなくレストランや居酒屋やバーやパブなどが建ち並んでいる。また、日本三大歓楽街に数えられているだけはあり、風俗店もソープだけでなくヘルス、ピンサロ、エステ、ストリップなどなど、見かける店舗はかなり多彩である。

すすきの式キャバクラ

Sapporo Hankagai02

すすきので遊んだことがある方なら知っていると思うが、全国レベルで認知されている「キャバクラ」と、すすきので認知されている「キャバクラ」は同じ音を読んでいても、全く異なる物になってしまう。全国で「キャバクラ」と言われている店舗は、すすきのに行けば「ニュークラブ」と言う名称になる。

すすきので言うキャバクラとは?

では、すすきので「キャバクラ」と言ったらどんな店舗になるのだ!?それは、一般的に呼ばれる「セクキャバ(おっパブ)」"のようなもの"となる。似ていて非なる物であり、札幌のキャバクラはソフト系とハード系とに分かれる。コンパニオンの世界に精通しているしている人であれば、「ん?ソフト?ハード?どこかで聞いたことがあるような…」と思う人もいるでしょう。そうです、北陸に存在しているソフトコンパニオンやハードコンパニオンと言った違いと同じ感覚なのです。ソフト系キャバクラだと「ソフトタッチ」ならOKレベル。ハード系キャバクラであれば、個室空間で女の子とあーんなことや、こーんなことが繰り広げられている。

札幌での宴会のご紹介

値段オシの居酒屋宴会

Sapporo Hankagai09

宿泊先の料理だと、まとめで作られた感がしてしまうのは自分だけだろうか…。個人的には、居酒屋で注文の都度作られる料理が好みだ。その居酒屋の個室での食事にコンパニオンにもてなされる。札幌の夜の始まりとしては、いい感じのスタートと言えるのではないか?
ホッケに帆立にタラバに毛ガニ。ウニにいくらに、ホクホクのジャガイモなどなど。ザンギやジンギスカンなどの名物も気になる。そう言った諸々の北海道グルメがギュッと詰まったのが居酒屋宴会なのである。

ちょっとリッチに料亭宴会

Sapporo Hankagai03

せっかくの旅行なんだから、庶民的な居酒屋ではなく「質」を重視したものを食べたい。と言う舌の肥えたグルメ派のお客様もいると思います。そんなお客様には、割烹料亭や寿司店やしゃぶしゃぶ店などでのご宴会をお勧めしております。もちろん、個室でのお食事となりますので、心ゆくまでお食事とコンパニオンとのお時間をお過ごし頂けます。

面倒くさがりには宿泊先で宴会

Sapporo Hankagai10

宿泊先に着いて入浴し、移動が面倒だからそのまま移動せずに宴会をしたいと言う方には、ご宿泊先での宴会が便利です。宿泊先は、もちろんススキノ界隈です。大所帯だと、宴会後にススキノで武勇伝を作りに勇んで出る人、宿泊先の中でゆっくりしたがる人など色々です。そんな参加者のバラバラの要望に応えられるパターンが、ススキノと言う繁華街で宿泊してそこで宴会をして解散と言うパターンです。

ススキノでの宴会後の過ごし方

ススキノの醍醐味は歓楽街

ススキノと言ったら東京の歌舞伎町と、博多の中州と並ぶ日本三大歓楽街の一つ。店舗で言うと、ソープやヘルスが主だったものになる。このすすきのの風俗の特徴は、都会にありがちな路面店よりも、ビルのテナントがほとんどだと言う点だ。ゴチャゴチャした街並みのさびれた雑居ビルにポツポツと入っていると言う雰囲気は全くない。「立派」としか言いようのないビルに、かなりの数の店舗が入っており、その風俗ビル同士もそう遠く離れていないから、偵察やハシゴもかなり楽にできる。まさに風俗の楽園と言っていい。

飲み歩くなら行先に困らない

何と言っても希望が大きいから、界隈にはお色気あるなし問わずキャバクラや、バーや、居酒屋、ガールズバーなどがひしめき合っている。とことん飲み倒したいなら、すすきのにいればどうとでもなる便利さは堪らない。

シメにはやっぱりラーメン

Sapporo Hankagai04

ご当地ラーメンの中でも圧倒的な知名度を誇る「札幌ラーメン」。日清のインスタントラーメンの商品名になっているほどだ。味噌ラーメンにバターとコーンがトッピングで乗っているビジュアルが定番的に思えるが、行ってみると様々なスタイルのラーメンに出会える。すすきののエリアには、そんなラーメン店が集合している「元祖ラーメン横丁」と「新ラーメン横丁」があり、飲んだ後の〆としておなかを満たすことができる。

札幌のコンパニオンについて

札幌のノーマルコンパニオン

Sapporo Hankagai06

これだけの規模の歓楽街があるだけに、見た目に気を遣っている子が多い。つまり、同じレベルの見た目の女の子でも、札幌の子は見た目もちょっとイイ感じになっている。見た目を気にしているだけあって、体型にも気を遣っている子が多い。そして、遊び慣れている子が多いから、ノリが軽い子が比較的多い気がする。男遊びも慣れている子が多めなので、ちょっと誘ってみるとOKを出してくれる子が、よその地域と比較しても多めだ。感覚的にだが、貞操観念の緩さもイイ感じに思える。

道産子で構成されるピンクコンパニオン

Sapporo Hankagai07

この札幌で手配しているピンクコンパニオンの女の子は一味違う!歓楽街で夜遊びの経験を積んでいるだけあって、軽い子が多いのはノーマルコンパニオンと同様なのだが、これだけの風俗店がひしめき合っているだけあって、風俗店出身の子や掛け持ちでやってる子が中に紛れ込んでいることがある。また、ひょっともするとAV出演の経験者なんて子もいたりもして、こっちが求めることへの抵抗感が、一般のピンクコンパニオンの子と比較して少ない。宴会での交渉やコミュニケーション次第ではとんでもない展開が期待できることもあるから、ぜひ札幌に行った際には体験してみて欲しい。

コンパニオンの種類で迷ったら…

この札幌での宴会の際には、前述で挙げたように宿泊先で宴会をしたり、居酒屋で宴会をしたりなどの様々なスタイルがある。その中でどのパターンを選ぶのかは、予算などの様々な要素が影響を与えるだろうが、「夜をどう過ごすのか」で方向性が決まってくるかと思う。ずっとメンバーと一緒に行動をするのか、自由行動となるのか。どこにも出かけずに宿泊先で全てを完結したい場合には、宿泊先での宴会となる。呼べるコンパニオンはノーマルがメインだが、ピンクコンパニオンでも対応はできる。繁華街に繰り出してメンバーと一緒に飲み歩きたいのであれば、居酒屋での宴会でまずはノーマルコンパニオンとウォーミングアップといったところが無難だ。

Sapporo Hankagai05

しかし、ピンクコンパニオンと濃厚に過ごしたいと言うのであれば、カラオケ店でのロングの宴会や、レンタルルームを用意するのでそこでまったりと、一夜を過ごすパターンもお勧めだ。形だけの宴会をして、あとは個人行動で風俗店を回る。そういう場合は居酒屋宴会がお勧めだ。しかもピンクコンパニオンと遊んで温めた状態で、風俗店に行くと言う人気のパターンが効率がいいやり方ではなかろうか。

札幌のお勧めプラン

札幌市街(すすきのエリア)へのアクセス

飛行機をご利用

新千歳空港から直結のJR新千歳駅から札幌駅まで千歳線で直通で行ける。所要時間は約35分。札幌駅からの行き方については、下記の「電車をご利用」の中の記述でご確認下さいませ。

お車をご利用

千歳方面から・・・道央自動車道南インターチェンジから約25分

旭川方面から・・・道央自動車道札幌インターチェンジからお車で約15分

小樽方面から・・・道央自動車道札幌北インターチェンジからお車で約10分

電車をご利用

JR札幌駅から直結されている、市営地下鉄のさっぽろ駅。南北線と東豊線のそれぞれですすきの方面に行くことができる。便利なのは南北線。さっぽろ駅から乗車し、すすきの駅で下車すると、ちょうどメイン交差点に出ることができる。距離にして1.2km、乗車時間は約3分なので、気候が良ければ徒歩で行けないこともない。東豊線だとJR札幌駅からだと、同じくさっぽろ駅から乗車することができる。豊水すすきの駅で下車するとすすきの付近に出ることができる。距離にして約1.3km、乗車時間は約4分となる。

記事の関連温泉地