ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »静岡県 »下田・南伊豆 »下田温泉(静岡県)旅館一覧 »下田温泉(静岡県)情報

下田温泉(静岡県)

お墨付きの国民保養温泉地

下田温泉とは

国民保養温泉地とは、温泉の公共的利用増進のため、温泉利用の効果が十分期待され、かつ、健全な保養地として活用される温泉地を「温泉法」に基づき、環境大臣が指定するものです。温泉の多い熊本の中でも国民保養温泉地に指定されているのは3箇所しかなく、そのひとつとして指定されているのが下田温泉です。源泉の温度は51度。これは浴場まで運んできた時に40〜42度になっている温度で、下田温泉は沸かさず、薄めず、循環せずの純粋な天然温泉です。日本の温泉を分類するとそのほとんどが火山性温泉と非火山性温泉に分類されますが下田温泉は、そのどちらでもない特殊な温泉というカテゴリに含まれます。最も謎の多い温泉といわれており、活断層の摩擦熱で温度上昇した循環水であったり、イオンやガスに富む特徴があります。ジオパークとしても知られている天草では恐竜の化石や、日本で産出される陶石(磁器原料)の8割を占める天草陶石が有名ですが、このどちらも白亜紀の地層(姫浦層群)があるからで、下田温泉のお湯もこの地層の摩擦熱と言われております。

近隣の温泉地