ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »北海道 »定山渓 »定山渓温泉旅館一覧 »定山渓温泉情報

定山渓温泉

海外からも人気の北海道・札幌の温泉地は男旅にもオススメ

Jyozankei

開湯150年を迎える歴史ある温泉地で寛ぎのひとときを

札幌市街地から南に26km、車で1時間弱の距離にある定山渓温泉。支笏洞爺国立公園内に位置し、 緑豊かな渓谷の湯どころとして年間240万人程の方が訪れています。北海道が外国人から人気なことも相まって、近年はONSENを楽しみに訪れる外国人の数も増えています。

そんな定山渓の歴史は古く、慶応2年(1866年)修験僧・美泉定山がアイヌの人々の案内で泉源と出会った時に始まります。 幾多の困難を乗り越え温泉の礎を築いた定山の功績から、この地が「定山渓」と命名されました。 定山没後も、恵まれた自然環境とその豊富で良質なお湯とともに街は発展し、開湯から130年にあたる平成8年(1996年)には 「健康保養地宣言」をしました。

定山渓温泉の泉質は、無色透明でまろやかな塩辛さが特徴のナトリウム塩化物泉(中性低張性高温泉)。入浴すると肌にこの塩分が付着し、汗の蒸発を防ぎ体の芯からポカポカに温まります。

Jyo 1 Min

大歓楽街「すすきの」の性質を受け継ぐ温泉コンパニオンがおもてなし

また札幌という大都市から近いこともあり、歓楽温泉としても有名です。札幌の歓楽街といえば「すすきの」。日本を代表する歓楽街の近くに位置することから、定山渓温泉もピンクコンパニオンに対応可能な温泉地です。

本州のピンクコンパニオンを呼べる温泉地から比べると、宿泊費の相場が安いことも人気の秘密。他の温泉地では、一泊10,000円〜15,000円クラスの旅館にも8,000円程度で宿泊できるお得さです。規模が大きい旅館も多く、最新の施設も整っているのが特長です。部屋食などもお願いできるので、ゆったりと宴会を楽しむこともできます。

また、「すすきの」を近隣に抱えるだけあって、コンパニオンたちも非常に質が高いです。スタイルも顔もよく、ノリもいいといった三拍子揃った女の子たちが宴会を大いに盛り上げてくれることでしょう。

ちなみに「すすきの」の女の子は、目鼻立ちがはっきりとした美人タイプが多い印象です。性格的にもサバサバと開放的な女の子が多く、まさにコンパニオン宴会にピッタリのエリアと言えます! すすきのを含めた札幌の街を堪能したあとは、定山渓温泉にてコンパニオンとのひとときもお楽しみください。