ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home»鹿児島県

鹿児島県
スーパー・ピンクコンパニオン宴会の旅館・プランを探す

鹿児島県の宿泊施設情報

鹿児島県の温泉地

鹿児島 R

全国2位の規模を誇る温泉施設が自慢

自然資源豊富な鹿児島県には、自然を利用した観光スポットが数多く存在します。鹿児島のシンボル的存在である桜島は、海の中からそびえる火山として世界的にも有名で、国内外からも多くの観光客が足を運んでいます。また、屋久島の白谷雲水峡や奄美大島のマングローブ林では、神秘的な美しさを堪能できるため一度は旅行で訪れたい名所のひとつ。

そんな鹿児島県ですが、その市街地には多くの温泉が存在します。上記レジャー以外でも、湯治を目的で訪れる人々にも人気の観光地としても、その名を知られており、活火山である桜島などの火山もあることから、従来から温泉の数が多く、泉源数は約2,730。県内の入浴施設のほとんどが温泉関連であり、大分県に次いで全国2位の規模で知られています。

一度は訪れてみたい「指宿温泉」と「霧島温泉」

霧島山系に数多くの温泉が湧出する「霧島温泉」は九州有数の温泉地。さらに「指宿温泉」は、波打ち際の砂蒸し風呂として有名です。坂本竜馬にゆかりあり、神様の降臨説も残る温泉郷硫黄を含む泉質で、硫黄の成分の濃度によっては、白濁する湯と透明に近い湯とに分かれています。

10余りある温泉の中でもそれぞれ湯の個性が違い、ちなみに牧園町の「新湯温泉」は、乳白色で古くから皮膚病によく効くとのこと。また、「関平温泉」は飲泉としても人気があり、「鉱泉水」パック詰めの販売もしています。

波打ち際に並ぶ名物・砂蒸し風呂で極楽気分を約束してくれるのは「指宿温泉」。市内のいたるところに湧く源泉は、実に800本前後。1日約12万トンの豊富な湯量を誇り、名物の砂蒸し風呂は溢れ出る温泉が温めた砂を利用しています(天然砂蒸し風呂は、潮位や天候によって利用できません)。古くは「湯豊宿(ゆぶじゅく)」と呼ばれ、約150年前に編纂された「三国名勝図会」にも砂蒸し風呂や共同浴場「弥次ケ湯」が登場。美しい錦江湾と明峰・開聞岳が、今も昔も湯客を出迎えてくれます。

その全ての湯を巡りたくなるほどの温泉地・鹿児島県

効能豊かな湯とのどかな風情が人気なのは「妙見温泉」。中津川と天降川が合流する辺りに湧くことから、ほとんどの温泉宿が自家源泉を有し、鮮度の良いかけ流しの湯が楽しめます。源泉ごとに成分や色合いが少しずつ異なるため、便利な温泉手形「湯~路(ゆ~ろ)」を購入して、それぞれの宿が趣向を凝らした湯殿で湯巡りを楽しむのも良いでしょう。温泉街にある「えのき公園」には飲泉場、国道223号線沿いには足湯も備えられており、人気スポットとなっています。

当然ながら、こちらでご紹介した温泉以外にも、鹿児島県には、様々な魅力的な温泉が存在します。自分にピッタリの泉質・雰囲気・環境に出会うべく、その全ての湯を巡りたくなるほどの全国有数の温泉地、それが鹿児島県なのです。

鹿児島県の宴会プラン一覧