ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »福島県 »福島市内・二本松 »飯坂温泉旅館一覧 »飯坂温泉情報

飯坂温泉

奥州3名湯に数えられ、東北を代表する温泉街

Iizaka 1

歴史深く地元の人々に愛される温泉街

奥州3名湯といえば、鳴子、秋保、そして「飯坂温泉」です。東北地方でも指折りの古湯として、多くの方々に親しまれて来ました。中でも有名なエピソードは、かの俳聖・松尾芭蕉が「奥の細道」の途中で立ち寄ったというもの。まさに歴史を感じさせる名湯と言えるでしょう。

その歴史の中では歓楽温泉としても親しまれてきたようで、現在も芸妓組合があります。ただ現在、歓楽街はありません。といっても通常のコンパニオン宴会はもちろん、ピンクコンパニオン宴会も盛んですので、お楽しみください。

アクセスは、福島市内から車で約20分、東北自動車道福島飯坂インターチェンジから約15分。電車でも東京駅から東北新幹線を利用の場合、乗り換えが1回で、スムーズな乗り継ぎならば2時間半もかからずに到着するアクセスの良さも特徴の一つです。近郊には、果樹園が立ち並ぶフルーツラインがあり、果物王国である福島の魅力を存分に感じていただけるはずです。

温泉街の規模も東北最大で、9つの共同浴場と4つの足湯があります。共同浴場は地元の方が小さな頃から通う、言わば「生活の一部」となっています。泉質は単純温泉。日頃の疲れをゆったりと癒すことができます。

Iizaka 2

おしとやかな癒し系ピンクコンパニオンも魅力

さて、飯坂温泉ではピンクコンパニオン宴会が盛んです。コンパニオンの中でも最も過激なサービスを提供してくれるピンクコンパニオンは、対応していない温泉地が多いため、温泉地を選ぶ際の嬉しいポイントといえるでしょう。女の子の在籍数も多数のため、希望が通りやすいのは大きなメリットです。

「若い子がいい」「百戦錬磨のお姉さまがいい」「とにかくノリが大事」など、予約時にきっちりとご希望をお伝えください。20代の女の子も多いので、きっと満足がいくコンパニオン宴会となります。福島の女性は、純粋な子が多く、少しのんびりしているところがあります。いわゆる癒し系というもので、癖になる殿方も数知れず。是非、素敵な宴会をお楽しみください。

また、規模が大きめの旅館も多いので、大規模な宴会旅行にもぴったりと言えるでしょう。もちろん、小さめの旅館で仲間たちとしっぽりコンパニオン宴会、というのも粋なものです。是非、飯坂温泉へ足を運んでみてください。