ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home»特集記事一覧»ピンクコンパニオンとは? 気になるサービス♡内容を徹底解剖!(スーパーコンパニオン)

ピンクコンパニオンとは? 気になるサービス♡内容を徹底解剖!(スーパーコンパニオン)

2018年06月29日更新

スーパー

温泉旅行にコンパニオン宴会――。未経験者にとっては男のロマン、経験者にとっては忘れられない蜜の味なのではないでしょうか。そんなコンパニオン宴会について調べるとよく目にする言葉、「ピンクコンパニオン」。そこに宿る魅惑の響きが気になる方も多いのではないでしょうか?

きっぱりと申し上げると、「ピンクコンパニオン」こそ、コンパニオン宴会の王道中の王道。ピンクコンパニオンを未体験の方は、コンパニオン宴会をまだ知らないと言っても差し支えないでしょう。果たして、何が「ピンク」なのか? あなたの想像は半分当たっています! しかし、きっと想像以上ですよ。興奮してきましたか? わかりました! 急いで、解説します。

お色気サービスが満載のピンクコンパニオン

20Vs30 5

さて、ピンクの第一の意味は、やはり「お色気」です。

ピンクコンパニオンとは、ズバリ服を脱いだりボディタッチがOKなお色気コンパニオン。ノーマルコンパニオンではできないHな内容のゲームができたりランジェリーのようなセクシーな衣装を着てもらったりと楽しみ方は多岐に渡ります。

ただし、コンパニオンは風俗ではありませんので、「なんでもアリ」ではないことをあらかじめ心がけておいた方がいいでしょう。下着姿になるだけだったり、チップや盛り上がりによってかなり脱いでくれた! ということもあり、宴会の盛り上がりやお客様の腕次第というところもあります。それは宴会後に関しても一緒で、意気投合すれば……、なんてことも。

ピンクコンパニオンは、こちらもよく聞くスーパーコンパニオンやシースルーコンパニオンと一般的にはほぼ同じ内容です。サービス内容は地方によって若干違うケースもありますが、全般的に「お色気対応可能なコンパニオン」という括りで考えて問題ないでしょう。地域によって呼び名が違う、と理解しておいてください。中には「ハードコンパニオン」という呼び方をする地域も。サービス内容に期待をもたせますね!

ノーマルコンパニオンとの違いは?

ただし! 上記のコンパニオンと、ノーマルコンパニオンやソフトコンパニオンは、大きく違うので注意が必要です。ノーマルコンパニオンは基本的には、きれいなお姉さんがお酌やお話をしながら、宴会に付き合ってくれる形になります。もちろん、こちらも盛り上がり次第ではありますが……、エッチな話や脱ぎに関してはものすごく慎重にならないといけません。ソフトコンパニオンはノーマルコンパニオンに比べ、少しだけ服装もエッチで、若干のソフトタッチが許されるケースが多いようです。ノーマルとピンクの間と考えてください。

さて、本題。ピンクコンパニオンの宴会は、ゲームなどで宴会が盛り上がるにつれてどんどんとお色気サービスも濃くなっていきます。そうすると、「そこまで盛り上げられるのだろうか?」と心配になる幹事様も多いようです。しかし実際は女の子がリードして盛り上げてくれますので、その心配は不要です。ピンクコンパニオンにはもともとノリがいい子が多く、なにより女の子自身も「宴会を一緒に楽しみたい!」と思っているからです。ひとたび宴会が始まれば、日常では体験できない「男の夢の楽園」を体感できるでしょう。

とにかくセクシーな衣装! 中には脱衣も?

Ri002

ピンクコンパニオンの服装は、通常のノーマルコンパニオンに比べて露出の多いものが一般的ですランジェリーやはだけやすい浴衣を着たセクシーな女の子達が密着しながら様々なサービスをしてくれます。しかし、宴会場に入るまでは他のお客様に配慮し、普通のコンパニオンと同じ洋服や制服で入場します。そのため、スーパーコンパニオンを呼んでいるということは周りのお客様には分からないようになっています。いよいよ宴会が始まれば、あとはコンパニオンと自分達だけの世界。ピンクコンパニオンとの宴会は必ず完全な個室を使用するので、女の子も気兼ねなくセクシーな姿になることができます。

宴会の中での進め方はコンパニオンによって様々。始まってすぐにランジェリー姿で盛り上げる女の子達もいれば、私服合コン風からスタートし、少しずつはだけさせ徐々に脱いでいく女の子達もいます。「以前あの温泉地で呼んだときはミニスカート衣装だったけど、今回は全員スケスケのシースルー衣装だ!」ということも多く、毎回新鮮な気持ちで宴会を楽しむことができます。何回呼んでも異なった趣向のドキドキ感を味わえることが、ピンクコンパニオンで遊ぶ面白さでもあります。

ピンクコンパニオン宴会を100%「味わう」ためには?

Sample00033 Min

せっかくの「ピンクコンパニオン宴会」、どうせならあんなことやこんなことをしたいですよね? どんなことだ! という野暮な質問は受け付けません。想像してお読みください。さて、ピンクコンパニオンを100%味わうために必要なのは、ノリと時間とタイミングです。

ピンクコンパニオンも普通の女の子、仕事と言えども楽しくなってしまったりエッチな気分になってしまうことはあるものです。宴会の雰囲気を一気に盛り上げ、そしてムーディーな方向に持っていく! これこそ、ノリを活用した宴会術です。そして、ある程度長い時間が過ぎた後のタイミングを逃さないようにしましょう。それなりの時間が経過することは必要不可欠なので、延長は必須かもしれません。

どうやって逃さないようにするのか? それは、あなたがこれまで生きてきた経験の中に答えがあるはずです! 健闘を祈ります。

S級女子もいる? ルックスは期待できるのか!?

Otoko 3

さてされ、忘れてはいけない話題がもう一つ。コンパニオンを呼ぶ上でやはり気になるのが女の子のルックスです。「ノーマルコンパニオンに比べて悪いのか?」といえば、案外そうでもありません。だいたい中くらいの女の子が多く、中にはS級美女もいます。反対に、年齢の高いおばちゃんもいることがあり、事前に評判等しっかり調査をすることをお勧めします。ちなみに宴会ネットではそういった希望をお伝え頂くことで、お客様のご要望に合わせたコンパニオンをお手配しております。とにかく早めの予約が吉です!

試す価値あり! 一人あたりの負担は??

料金については、女の子に対してお客さんの人数が少ないほど料金が高くなってきます。だいたいコンパニオン1人2時間の料金は25,000〜26,000円前後で、延長料金が、30分で7,000〜8,000円前後です。

相場としては、「1泊2食+コンパニオン120分+飲み放題付プラン」で、平日の月〜木では、4対1(お客さん4人:ピンクコンパニオン1人)で1人あたり18,000〜24,000円前後。

2対1になると、24,000〜30,000円前後。1対1にもなると、43,000〜47,000円前後。女の子の料金をお客さんで割る形になるので、女の子の人数を増やす場合は予算との兼ね合いで注意が必要です。さらに延長となると、30分ごとに料金が増えていきます。一晩ですごい金額になってしまわないように気をつけてください。

利用している方の大体平均負担額は、人数にもよりますが、30,000〜50,000円のようです。風俗的なサービスがあるわけではないですが、ピンクコンパニオンのセクシーさに財布の紐が緩くなってしまう方は多いようですね。ピンクコンパニオンを呼ぶ時は自制心を持って、楽しい一夜を過ごしましょう。

ピンクコンパニオンが呼べる温泉地

いかがでしょうか? ピンクコンパニオンとの宴会、楽しみたくなりましたよね? ただし、その過激さ故、呼べない温泉地があることにも注意が必要です。そこで本記事の最後に、代表的なピンクコンパニオン対応の温泉地とその特徴について、ご紹介いたします!

◆ 石和(いさわ)温泉

山梨の日本を代表する温泉地。風光明媚な温泉地でピンクコンパニオンとの宴会を楽しめます。「露天風呂客室プラン」や「貸し切り風呂」などを楽しめる宿もあり、オススメ!

◆ 熱海温泉

日本で一番知名度があると言ってもいい温泉地です。静岡にありますが、都心からのアクセスもよく、可愛い女の子も集まってきます。近くには海水浴場や歓楽街もあり、楽しく充実した旅となるでしょう。

◆ 山代温泉

北陸を代表する「加賀温泉郷」の温泉地のひとつ。石川県にあります。近隣にはスナックやバーもあるので、宴会後にふらっと出かけるのもいいかもしれませんね。

◆ 鬼怒川温泉

栃木県日光市にある関東屈指の温泉地です。観光地としても有名な「日光」の側にあり、箱根や熱海と並んで「東京の奥座敷」と呼ばれるほどの人気です。可愛いコンパニオンが多いとの噂も!

◆ 菊池温泉

九州・熊本の温泉地です。桜の名所としても有名です。九州美人とのピンク宴会を楽しみたければ、オススメの温泉地です。

◆ 伊香保温泉

群馬県にある人気の温泉地。歴史ある温泉地で、ピンクコンパニオンの歴史も古く、行き届いたサービスで宴会を楽しむことができます。