ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »奈良県 »奈良南部(十津川・天川・吉野・五条) »湯泉地温泉旅館一覧 »湯泉地温泉情報

湯泉地温泉

佐久間信盛も訪れた奈良の名湯 湯泉地温泉

全国で初の「源泉掛け流し」を宣言する温泉地

十津川村は奈良県の最南部にある、日本一大きな村です。

湯泉地温泉(とうせんじおんせん)は十津川村のほぼ中央に位置し、十津川沿いには旅館・民宿が点在する、静かで情緒豊かな温泉地でございます。

ここは十津川の温泉の中でも最も古い歴史ある温泉で、1581年に織田信長の重臣佐久間信盛が訪れたともいわれています。

また、日本の名湯100選の一つにも選ばれており、2004年には十津川村役場が全国に先駆けて、温泉地内の全施設の「源泉掛け流し宣言」を発表しました。

当地での観光スポットとして人気なのが谷瀬の吊り橋です。長さ297m・高さ54mのつり橋は約60年前、教員初任給が7,800円だった時代に、谷瀬集落の人々が1戸あたり約30万円という大金を出し合って完成させた大つり橋です。

歴史深い温泉、そして絶景が広がる大つり橋をお楽しみ頂いた後は、可愛さあふれるコンパニオンがお酌してくれる愉しい一夜を満喫されてはいかが?おしとやかでしっかり者な奈良の娘が、精一杯ご接待してくれます。

湯泉地温泉の人気宿ランキング

近隣の温泉地