ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »神奈川県 »箱根 »宮ノ下温泉旅館一覧 »宮ノ下温泉情報

宮ノ下温泉

箱根のほぼ中央に位置する温泉場

外人客も多く訪れる異国情緒が漂う温泉地

箱根宮ノ下は、江戸時代より箱根七湯のうちの、四つの温泉場(宮ノ下・底倉・木賀・堂ヶ島)がある地として慕われてきた。国道1号線と138号線の分岐点周辺に位置し、沿道にはお洒落なアンティークショップやパン屋などが軒を連ね、横文字の看板もちらほら。当地が外国人向けの保養地として栄えた歴史を偲ばせる。その象徴とも言えるのが、明治11年(1878年)開業の富士屋ホテル。もともと外国人専用の温泉宿としてスタートし、和洋折衷の内外観に開業当時の名残を残す。豊かな自然に囲まれた周辺は静養地にふさわしい落ち着きをたたえ、多くの観光客を迎え入れる。こぢんまりとした素朴な佇まいの共同浴場「太閤湯」から、1日の入浴者を100名に限定している「楽遊壽林 自然館」まで。庶民的な浴場から贅沢な湯、格式高い湯宿まで多彩にそろった生粋の温泉地だ。泉質は「ナトリウム塩化物泉」。