ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »宮城県 »松島・塩釜・石巻・南三陸・気仙沼 »沢乙温泉旅館一覧 »沢乙温泉情報

沢乙温泉

1200年前から湧き続ける“美人づくり”の名湯

Sawaoto Main

坂上田村麻呂も入った「沢乙温泉」の魅力

宮城県宮城郡利府町にある「沢乙(さわおと)温泉」は、約1200年前に発見されたと言われる東北の古湯。平安時代、征夷大将軍・坂上田村麻呂が東北に遠征した際、兵士たちの傷と心を癒したのがこの沢乙の鉱泉だったと言い伝えられています。

また田村麻呂の接待役を務めた娘が田村麻呂の子を授かったことから、娘を沢乙女(さわおとめ)と呼んで敬い、二人が出会った場所を「沢乙女」と呼ぶようになったのが現在の地名「沢乙」の由来とされています。一軒宿に「沢乙温泉 里山旬味 うちみ旅館」があり、宿の真下から源泉が湧いており、加水なしの源泉100%の湯が楽しめます。もちろん、温泉旅に欠かせない夜の宴会には、可愛い女の子をよんで楽しめるコンパニオンプランが用意されています。“美人づくり”の名湯で育まれた地元の女の子達はもちろん粒ぞろいで、忘れられない夜になること間違いなしです。

沢乙温泉の人気宿ランキング