ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »石川県 »加賀(山代・山中・片山津)・小松(粟津) »辰口温泉旅館一覧 »辰口温泉情報

辰口温泉

開湯1400年、明治の文豪・泉鏡花ゆかりの古湯

辰口温泉

金沢の奥座敷に湧く「辰口温泉」

金沢の奥座敷として開湯1400年の歴史を持つ「辰口(たつのくち)温泉」は、石川県能美市に湧く由緒正しい古湯。金沢から最も近い温泉として知られ、市内からは車で40分程度の立地です。明治時代を代表する小説家・泉鏡花もこの地に逗留し、『海の鳴る時』を執筆した温泉地としても知られています。

いわゆる“温泉街”のような街並みではなく、美しい自然に囲まれた里山には、「総湯 里山の湯」や「辰口温泉足湯」などの温泉施設が2軒、「金沢・辰口温泉 まつさき」「たがわ龍泉閣」「旅亭 萬葉」などの温泉旅館が3軒あります。すでに養老年間(717年〜724年)には、村人たちが傷ついた馬の脚を温泉で癒したという言い伝えが残っており、その後、度重なる洪水により温泉は埋まってしまったものの、江戸時代末期の天保7年(1836年)に来丸村の源介が薬師如来のお告げを聞いて源泉を掘り当てたと言われています。

雄大な大自然に囲まれた温泉地でマイナスイオンをいっぱいに浴びてリラックスした夜には、加賀美人によるコンパニオン宴会をお愉しみください。人懐っこく、よく気が利く女の子達は、きっと皆様も気に入っていただけるはずです。男旅の宴会のお供に、是非ともお試しください。