ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »石川県 »金沢市内・周辺 »湯涌温泉旅館一覧 »湯涌温泉情報

湯涌温泉

兼六園から車で20分 大正ロマンを纏う名湯の温泉地

古くから加賀の町に愛されてきた湯涌温泉

湯涌温泉は金沢市東南部の中山間地域に位置し、金沢の奥座敷ともいうべき場所にあり、養老二年(718年)近郷の人が泉に身を癒す白鷺をみてこの温泉を発見したと伝えられています。

藩政時代には加賀藩歴代藩主を始め一族がこの効能によって治癒本復することがしばしばあり、これを賞され湯宿の主人に名字帯刀が許されたほど、当時から効果効能を評価されていました。また、大正の初めドイツで開かれた万国鉱泉博覧会に日本の名泉として出展、世界的にもその泉質の良さが認められたお墨付きの名湯です。

文人墨客の来湯も多く、大正の画家であり 詩人の竹久夢二が愛する女性彦乃と至福の日々を過ごした「ロマンの湯」としても知られています。湯涌温泉街は多くの人で賑わっており木格子や金箔など金沢らしさもそこかしこに見る事ができます。

そしてお宿でのメインイベントは、なんと言っても湯涌温泉コンパニオンと過ごす宴会のひととき。縁起を担いだ当温泉での宴会は、幸運な出会いがあるに違いありません。当温泉で気分をリフレッシュした後の、宴会もまたご一興です。物腰が柔らかくて、センスがある地元のコンパニオンがお待ちしております!