ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home»特集記事一覧»当社オリジナルコンパニオン/すっごい アツい 宴会!

当社オリジナルコンパニオン/すっごい アツい 宴会!

2024年03月31日更新

すっごいアツい宴会コンパニオン

最強の、当社オリジナルコンパニオン!

世の中には色んなコンパニオンがあふれています。

その土地によって呼び方が異なったり、
同じ名称でも土地柄でちょっとサービス内容が違ったり・・・。
各地でコンパニオン文化を育んでいるようです。

その中でも、西日本を代表する
当社オリジナルのコンパニオン達が
圧倒的人気を得ています!

当社取り扱いプランの中でも、リピート率も抜群に高く、
なんと所属する女の子の80%が20代!

そんなお勧めのコンパニオンの特長などを紹介させてもらいます!

どんなコンパニオン達なの?

このコンパニオン達は、三つのコースで手配しています。

ノーマルコンパニオン

温泉旅館などでコンパニオンさんを呼んだ時に来てくれるような、一般的なサービスをしてくれるコンパニオンさんです。

具体的に言うと、お酌などのドリンクサービスやお客様との楽しい語らい、更にはカラオケの手配なんかもしてくれます。

しかし、この当社オリジナルコンパニオンは、お上品な接し方はもちろんできますが、もっと近い距離での接客も得意とするところです。

ノリが良く、盛り上げ抜群なところも人気です。

ノーマルコンパニオンの宴会風景

  • ノーマルコンパニオン
  • ノーマルコンパニオン宴会
  • ノーマルコンパニオンとカラオケ
  • ノーマルコンパニオンの宴会

人気のノーマルコンパプラン

ソフトコンパニオン

ノーマルコンパニオンのサービス内容に加え、服の上からのタッチがOKの子達です。
お値段もお色気コンパニオンの子と比較して、お手頃になっているので手が届きやすいです。

ノーマルコンパニオンの子と比較して対応するオプションの守備範囲も広く、時には普段はお色気コンパニオンもやっている子が助っ人として紛れていたりします。

二次会でも高いテンションで宴会を盛り上げてくれ、延長のおかわりもよくあります。
時にはノッてくると、ソフトコンパニオンの限界を突破して、めくるめく世界に突入してしまうこともある!

ソフトコンパニオンの宴会風景

  • ソフトコンパニオンと男性
  • ソフトコンパニオンと野球拳
  • ソフトコンパニオンと野球拳
  • ソフトコンパニオンを抱っこする男性

人気のソフトコンパプラン

お色気コンパニオン

自分達でスケスケ衣装を持って行き、自ら販売し、その場で生着替えを行なうという、けしからんコンパニオン達です。
中には際どいランジェリーと言う代物であったり、水着であったり・・・。着替えるだけで宴会が異世界に移ってしまいます。

所属している子の中には、デリヘルやソープ出身の子や、現役でかけもちでやっている子も潜んでいるため、
宴会がどんどんヒートアップした結果、エロ指数が振り切れてしまい、出禁になった旅館や料理屋さんも数々あります。サービス精神が高いコンパニオン達です。

そんな経緯があり、宴会場も当社が独占契約をし、当社オリジナルプランとして販売しております。
更に、若い女子率が高いと言うのは捨てがたい!

お色気コンパニオンの宴会風景

  • お色気コンパニオンと宴会
  • ランジェリーコンパニオン
  • セクシー衣装のコンパニオン
  • 下着姿のコンパニオンと男性

人気のお色気コンパプラン

どこで呼べるのか!?

エリアは拡大中ですが、2020年12月現在、独占コンパニオンは、下記の府県で登場しています!

【東海】
愛知県
岐阜県
三重県

【近畿】
大阪府
京都府
兵庫県
滋賀県
和歌山県
奈良県

【北陸】
福井県
石川県
富山県

掲載が追いついていない状況なので、提示していないプランも多数あります!

行きたいエリアや温泉地で掲載がなくても、ぜひお申し付け下さい!
秘蔵プランを御案内しますよ!

また、お客様指定の宿泊施設、居酒屋さんなどの宴会場、コテージ、貸別荘、カラオケボックなどにコンパニオンだけを派遣することも可能です。

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!

簡単!問合せ

この記事を書いた人

記事ライター:Ishizawa Yuto(イシザワユウト)

業務担当  :カメラマン

入社年   :2010年

趣味    :コンパニオン旅行、風俗巡り

コンパニオン歴:2000年頃から、それから年に3回はコンパニオンと宴会しています。

仕事の姿勢 :エロい女の子大好きなので、リアリティのある現場の生の情報を届けたい。

メッセージ :コンパニオン宴会のエロい楽しみ方をギリギリまで追求していきます!

Twitter  :ID:@enkai_net

イシザワが書いた他の記事はこちら

記事の関連温泉地