ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »栃木県 »日光・中禅寺湖・今市 »日光湯元温泉旅館一覧 »日光湯元温泉情報

日光湯元温泉

日光の奥座敷、美肌効果のある乳白色の硫黄泉

日光湯元温泉の歴史と効能

日光湯元温泉は、戦場ヶ原の奥、湯川の水源となっている湯ノ湖の北岸に開けた静かな温泉街です。日光の奥座敷といわれ、湯けむりの向こうに湯ノ湖や山々の景観が広がる、豊かな自然に抱かれた心休まる人気の温泉地です。約1200年前、奈良時代に日光開山の祖・勝道上人が発見したとされる白濁の硫黄泉が湧く名湯であり、開湯以来、湯治場として長い間親しまれています。

温泉は硫化水素型の単純硫黄泉で、泉温は49.3~78.9℃あり、中性~弱酸性。乳白の肌ざわりが良い温泉です。ちなみに、源泉のお湯の色はエメラルドグリーンですが、地上で空気に触れることにより乳白色に変わっていきます。温泉街には無料で利用できる足湯「あんよの湯」があり、効能豊かな温泉を気軽に楽しむことができます。

そしてお宿での夜のご宴会では、当温泉のお墨付きコンパニオンと過ごす、甘い夜の宴会をご利用いただいてはいかがでしょうか。栃木なまりが可愛い癒し系女子がお客様に心の行き届くご奉仕で皆様を至福の時間へと誘います。