ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »大分県 »九重・日田・天瀬 »宝泉寺温泉旅館一覧 »宝泉寺温泉情報

宝泉寺温泉

ホタルが飛び交う温泉地

平安の古よりこんこんと湧き出る宝泉寺の湯

涌蓋山(わいたさん)の山懐、筑後川支流町田川の河畔に位置する宝泉寺温泉です。その歴史は古く平安時代にまでさかのぼります。

宝泉寺温泉と洞窟風呂で有名な壁湯温泉と川底温泉を総称して、宝泉寺温泉郷と呼んでいます。70ヶ所を超す泉源は、毎分2,000リットル以上もの豊富な湧出量を誇り、旅館やホテルなどの宿泊施設をはじめ、多くの共同浴場などが温泉の恩恵を受けています。

平安の古よりこんこんと湧き出る宝泉寺の湯は九重町の中でも最も歴史が古く、九州の山肌と同様に柔らかいその泉質の素晴らしさは多くの人に愛され続け、 作家・檀一雄の短編小説「女の牧歌」にも、人情味あふれる宝泉寺温泉の情景が紹介されています。

また、近年はホタルの飛び交う温泉地として、「ふるさといきものの里100選」に選ばれ、3種類のホタル(ゲンジホタル・ヘイケホタル・ヒメホタル)が生息する貴重な場所としても知られます。早い年で5月下旬頃からゲンジホタルが舞いだし、 6月下旬頃からヘイケホタルやヒメホタルを見ることができます。

またお宿でのご宴会には、コンパニオンをお呼びになって楽しい宴会ができます。ホタル観賞でのんびりした後は、厳選された女の子に囲まれながら、宝泉寺温泉の一夜をお愉しみください。大変明るく元気いっぱいの地元っ子を手配しますので、癒しの夜になること間違いなし!

宝泉寺温泉の人気宿ランキング