ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »群馬県 »水上・猿ヶ京・沼田 »水上温泉郷旅館一覧 »水上温泉郷情報

水上温泉郷

利根川の渓谷美と谷川岳の大自然に抱かれる群馬県有数の温泉郷

水上・谷川・うのせ・湯檜曽・向山・宝川・上の原・湯の小屋の8つから成る温泉郷

利根川の流れに沿って湧き出す湯量豊富な8つの温泉。無色透明の単純泉を主とする湯は、なめらかな肌触りでありながら、豊かな効能が人気。温泉郷の玄関口、JR「水上駅」の周辺に位置し、土産物店や飲食店など賑やかな温泉街を擁する「水上温泉」や、巨大な露天風呂を有することで有名な「宝川温泉」、夜な夜なタヌキが出没する宿が話題の野趣あふれる「湯の小屋温泉」など魅力たっぷりの温泉地が点在。与謝野晶子や太宰治、若山牧水、北原白秋などの詩人や文学者も足しげく通ったという歴史を持つことからも分かるように、何度訪れても飽きることのない個性豊かな8つの温泉を巡ってみてはいかがだろうか。

美しい渓谷のせせらぎに時間を忘れて過ごす

草津、伊香保と並び群馬を代表する温泉郷のひとつである水上温泉郷は、群馬県の北部、谷川岳の麓に位置。利根川に流れ込む幾つかの川沿いに点在する8つの名湯(水上・谷川・うのせ・湯檜曽・向山・宝川・上の原・湯の小屋)が名を連ねる温泉郷だ。水上温泉郷が東京の奥座敷として栄えるようになったのは、昭和6年9月、清水トンネルの貫通により、上越線が高崎から長岡まで結ばれた以後のこと。東京方面より車で約2時間、新幹線で約1時間半という訪れやすさが最大の魅力となっている。また、諏訪峡などの景勝地を始め、自然の宝庫に恵まれ、何より、いずれの温泉地からも美しい渓谷や壮大な山々を楽しめるのが特徴。谷川岳ロープウェイを利用して、夏はハイキングや山登り、秋は紅葉狩り、冬はスキーなどのアウトドアも気軽に楽しめることから、年間を通して多くの観光客で賑わいを見せている。