ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »栃木県 »塩原・矢板・大田原・西那須野 »塩原温泉旅館一覧 »塩原温泉情報

塩原温泉

1200年以上の歴史を持つ温泉の宝庫

150種類の源泉を味わえる塩原温泉とは

塩原温泉郷(しおばらおんせんきょう)は、栃木県北部の広大な那須野が原から、 北西の方角に連なる山中に分け入った箒川(ほうきがわ)の渓谷沿いに連なる11地区の温泉地の総称です。

温泉の発見は西暦806年といわれており、1200年以上の歴史を刻みながら、訪れる人々の心と体を癒してきました。塩原温泉郷は、古くから塩原十一湯(じゅういちとう)と呼ばれています。

東から西へ、大網(おおあみ)・福渡(ふくわた)・塩釜(しおがま)・塩の湯(しおのゆ)・畑下(はたおり)・門前(もんぜん)・ 古町(ふるまち)・中塩原(なかしおばら)・上塩原(かみしおばら)・新湯(あらゆ)・元湯(もとゆ)という湯本が点在し、 約150の源泉から湯が湧き出しています。

ひとつのエリアに、多様な泉質や成分の温泉が湧いているのは全国的にも珍しく、体調や気分などによって、湯を選んでゆったりと浸かれる魅力があります。用途別、効果効能別、ロケーション別で選べる温泉を四季折々の食事や風景と共にお楽しみいただけます。

塩原温泉の人気宿ランキング