ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »山口県 »下関・宇部 »大河内温泉旅館一覧 »大河内温泉情報

大河内温泉

鶴も湯浴みした伝説が残る、日本有数の含フッ素ラドン泉

下関市の奥座敷に湧く「大河内温泉」

山口県下関市にある「大河内(おおかわち)温泉」は、深い山並みに抱かれた静かな温泉地。1839年(天保10年)に本郷川の河畔で発見され、湯治客を集めるようになったと言い伝えられる古湯です。“享保時代に傷ついた鶴が湯浴みしているのを村人に発見された”という伝説が残っていて、明治時代にはその存在が広く知られるようになり、現在は下関市の奥座敷として利用されています。

一軒宿の「大河内温泉 平田旅館」や日帰り入浴施設「大河内温泉 いのゆ」で入浴することができ、お食事は近海の海の幸や冬のぼたん鍋などが大人気です。そして、新鮮な海鮮料理と並んで大人気なのが、盛り上がり必至のコンパニオン宴会です。明るく、気配りのできる下関の女の子たちが、夢の世界へと誘います。

大河内温泉の人気宿ランキング