ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »栃木県 »塩原・矢板・大田原・西那須野 »中塩原温泉旅館一覧 »中塩原温泉情報

中塩原温泉

150の源泉が味わえる開湯1200年の温泉郷

Nakasiobara Main

これぞ“源泉遺産”「中塩原温泉」の楽しみ方

栃木県北部にある「中塩原温泉」は、箒川の渓谷沿いに連なる温泉地のひとつ。温泉の発見は西暦806年と言われ、開湯1200年を超す長い歴史を持ち、古くから「塩原十一湯」と称され、大網・福渡・塩釜・塩の湯・畑下・門前・ 古町・中塩原・上塩原・新湯・元湯の11地区の湯本を総称して「塩原温泉郷」と呼ばれています。約150もの源泉があり、湯めぐりも楽しみのひとつです。

文人墨客に愛された温泉地としても知られており、尾崎紅葉をはじめとした多くの文豪により全国にその美しさが紹介されてきました。周囲には塩原渓谷を中心に7つの吊り橋、10名瀑があり、四季折々の自然を楽しめます。塩原温泉発祥の「とて焼」、ご当地グルメの「スープ入り焼きそば」、新鮮な高原野菜など、塩原ならではの食文化も魅力のひとつ。そして塩原に根付いているもう一つの文化といえば、夜の宴会時のコンパニオン宴会です。塩原の自慢の温泉美人が揃ったコンパニオン宴会は、常に利用客の心をつかんで離しません。話しやすく、洗練された見た目は、男であれば誰でも心を奪われてしまうことでしょう。

中塩原温泉の人気宿ランキング