ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »岐阜県 »高山・飛騨 »飛騨高山温泉旅館一覧 »飛騨高山温泉情報

飛騨高山温泉

今も残る城下町の風情を楽しめる温泉郷

小京都のような風情溢れる飛騨高山温泉

飛騨高山温泉の開湯は大正14年(1925年)に行われた温泉の掘削に始まり、今現在でも豊富な湯量を誇っています。昭和6年(1931年)頃から旅館が建つようになり、たくさんの観光客で賑わう、日本でも有数の温泉地になりました。

長野電鉄長野線の湯田中駅から徒歩約8分の場所に位置し、川沿いに建ち並ぶ民家に紛れるように10軒程の湯宿が点在しています。大正時代には、冬でも雪が積もらず寒い朝夕に水蒸気が出ていたと記録されるくらい、温泉のあたたかさを空気で感じることができる地域です。

当地は商人の町として発達した上三之町を中心に、江戸末期から明治期に建てられた屋敷等が軒を連ねる、古い町並が今なお残る場所です。通りには造り酒屋や土産物屋など、飛騨ならではの名産品を扱うお店が並ぶ小京都です。

さて、人肌の温もりを感じたいと思う殿方には、可愛い娘たちの上品なおもてなしが満喫できる自慢のコンパニオン宴会がオススメです。素直でキュートな飛騨の女のコと愉しいひとときが堪能できるのはここだけです!