ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »石川県 »加賀(山代・山中・片山津)・小松(粟津) »加賀温泉郷旅館一覧 »加賀温泉郷情報

加賀温泉郷

粟津、片山津、山代、山中の地に温泉が湧き出る北陸有数の温泉郷

「関西の奥座敷」と評される温泉地

主に小松市の粟津温泉、加賀市の片山津温泉、山代温泉、山中温泉の4つの温泉を表す名称として使われることが多く、加賀四湯とも呼ばれている。地理的に「関西の奥座敷」と評される事も有る。

加賀四湯の特徴

粟津温泉は、開湯1300年の歴史を持ち、泰澄により発見されたと伝えられている。開湯当時からの旅館が今でも営業しており、長い歴史を持つ宿泊施設の一つに数えられる。

片山津温泉は、加賀市市街地から北の方角の柴山潟のほとりにある。歓楽温泉として知られた。1653年(承応2年)に発見され、明治時代に入ってから温泉として開発された。4つの温泉街の中では一番歴史が浅い。

山代温泉は、北陸3県でも最大級の温泉街の一つ。4つの温泉街の中心に位置する。かつては北陸有数の歓楽温泉として栄えた。1300年以上の歴史があり、ヤタガラスの開湯伝説が残っている。北大路魯山人や与謝野晶子など多くの文化人が訪れた。

山中温泉は、行基による開湯伝説があり、1300年の歴史があると伝えられる。この他にも長谷部信連の開湯伝説がある。蓮如や松尾芭蕉など多くの著名人が滞在した。鶴仙渓と呼ばれる景勝地があり、温泉客の散策地として人気がある。