ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »栃木県 »塩原・矢板・大田原・西那須野 »板室温泉旅館一覧 »板室温泉情報

板室温泉

湯治の里として栄えたノスタルジックな温泉街の「薬湯」

那須七湯のひとつ「板室温泉」で癒しの毎日を

栃木県の「板室(いたむろ)温泉」は、那珂川(なかがわ)上流の山あいに湧く温泉地です。後冷泉天皇の時代、平安の康平2年(1059年)3月、那須三郎宗重が狩りのために山奥に入った際に発見したと伝えられ、板室塩沢にあることから、かつては「塩沢温泉」とも呼ばれていました。古くから「那須七湯」のひとつに数えられ、その効能から「下野の薬湯」と呼ばれ湯治の里として親しまれてきました。

昭和46年には「国民保養温泉地」に指定、さらに「ふれあい・やすらぎ温泉地」にも選定されています。現在の温泉街には往時のノスタルジックな雰囲気が残っており、年間を通して全国各地からの来訪者が絶えない、人気の温泉スポットです。

古来よりたくさんの人々に愛されてきた当温泉で疲れを洗い流した後は、地元自慢の美人コンパニオンがお酌してくれる夜の宴会も満喫されてみませんか?栃木っ子は付き合い上手な女のコ、ご安心して楽しい男女のひとときをお過ごしくださいませ!