ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »山梨県 »甲府市内・昇仙峡・甲斐 »笛吹川温泉旅館一覧 »笛吹川温泉情報

笛吹川温泉

フルーツ王国の郷を流れる笛吹川のほとりに湧く温泉

一軒宿ならではの豊富な湯量と自然豊かな湯浴みを堪能

笛吹川(ふえふきがわ)は、日本三大急流の富士川水系の一級河川で、富士川の上流部である釜無川と並ぶ、山梨県を代表する河川です。山梨市北部の甲武信ヶ岳に源を発する東沢渓谷と、国師ヶ岳・奥千丈岳に源を発する西沢渓谷を上流部に持ちます。広瀬ダム湖を経て甲州市を下り、甲府盆地の南東を流れ、南巨摩郡富士川町で富士川に合流します。流域に扇状地を形成していて、灌漑用水を整備した果樹園は、ブドウなどの果実栽培が盛んに行われています。深沢七郎は、この川を題材に小説「笛吹川」を書き、木下惠介監督によって映画化もされています。

笛吹川温泉は、文字通り笛吹川の袂にあり、広大な敷地を有する一軒宿の坐忘が営業しています。以前は立ち寄り湯を受け付けていましたが、今はこれを止め高級旅館へと転換しています。そんな雅な高級旅館でのご宴会には、美しさが眩しい山梨のコンパニオンをご用意しております。笛吹川温泉の一軒宿にて見た目はもちろん、内面も女性らしい女の子と過ごせば、旅の思い出もより愉しいものになります。