ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »和歌山県 »南紀白浜・龍神 »南紀白浜温泉旅館一覧 »南紀白浜温泉情報

南紀白浜温泉

日本三古湯のひとつ、由緒ある温泉地

南紀白浜の醍醐味は外湯めぐり

和歌山県にある南紀白浜温泉は有馬と道後にとともに日本三古湯、また三大温泉地とも称される湯処です。飛鳥、奈良朝の時代から「牟婁の温湯」「紀の温湯」の名で知られ、斉明、天智、持統、文武天皇をはじめ多くの宮人たちが来泉された、1350年余りの歴史を持つ由緒正しき温泉観光地であります。

さて、白浜の醍醐味と言えば外湯めぐり。万葉の昔から「湯崎七湯」として愛されて来た湯の中で、唯一残っている歴史ある湯壷「崎の湯」は波打ち際で入る素敵な露天風呂でございます。「牟婁の湯」も日本書紀や万葉集にも登場した、白浜温泉の最も古い歴史を残している外湯です。ぜひ足を運びたい2ヶ所の白浜最古の湯に加え、白良浜海水浴場内の水着で入れる露天風呂「しらすな」、白良浜に面した「白良湯」、地元民も集う円月島を眺められる「松乃湯」、そして源泉かけ流しの浴場「綱の湯」を合わせた6ヶ所すべてに入泉すると、記念品がもらえるという楽しみも。また、様々な場所に足湯もあるので、そちらも是非お試しください。

当地にお越しの際には、由緒ある当温泉に浸かりながら歴史を肌で感じつつ、夜は美人コンパニオンとの思い出深い宴を開きませんか?しっかり者で明るい地元の美女たちに囲まれてのご接待は、さながら殿様になったような気分です!