ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »島根県 »江津・浜田・益田・津和野 »美又温泉旅館一覧 »美又温泉情報

美又温泉

独特の泉質を持つ日本一の美人の湯がでる温泉郷

泉質日本一のトロトロ温泉

元年(1864年)に開湯された歴史ある温泉。開湯当時は、現在は無い屋号で「湯の谷」といわれた当地を通る道の脇の岩の切れ間から湯が沸きだしていたといわれており、その湯を山陰の魚の行商人が広島方面へ行く際に痛めた足を洗ったり、温めたりして痛みをとっていたといわれています。

明治元年に屋内入浴場が造られ、一般に利用され始めて以降、明治37~38年の日露戦争時には陸軍の転地療養所として浜田21聯隊の傷病兵士が湯治場として利用、その後温泉旅館が増えるなど、様々な変遷を経て今に至っています。大正から昭和にかけて美又温泉郷とし発展し、一度入湯すれば忘れられなくなります。

また、夜のご宴会をより華やかで豪華なものにするために、お宿へのコンパニオンの手配も可能です。 洗練された上品な振る舞いの島根の女の子が、美又温泉での思い出作りに貢献します。男同士の旅では大興奮すること間違いなし!