ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »長野県 »志賀高原・湯田中・渋 »山田温泉(長野県)旅館一覧 »山田温泉(長野県)情報

山田温泉(長野県)

信州高山温泉郷にある開湯200年の歴史を持つ古湯

文人墨客に愛された信州・山田温泉とは

山田温泉は、信州高山温泉郷にある。この温泉郷は、松川渓谷沿いを中心に標高600mから1500mまでの間に8つの違う個性を持った温泉が点在する湯続きの郷。

山田温泉は開湯200年の歴史を持つ古湯で、元湯は戦国時代の福島正則が発見し、江戸時代中ごろ、寛政十年(1798)に開湯した名湯。桃山風建築の大湯を中心に並ぶ温泉街は、山間の湯の宿情緒を十分に堪能させてくれる。森鴎外、与謝野鉄幹・晶子、菊地寛、会津八一など文人墨客が、こよなく愛した「心を癒す温泉」である。泉質は、無色透明、含硫黄‐ナトリウム・カルシウム‐塩化物温泉(pH 7.3)。

源泉かけ流しの共同浴場は2つ。『滝の湯』は昔ながらの風情を残す共同浴場で、元来は地元住人にのみ開放されてた場所。桃山風建築の風格ある『大湯』では「あつ湯」のほか熱いお湯が苦手な人のために「ぬる湯」も用意されている。

山田温泉(長野県)の人気宿ランキング