ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »長野県 »野沢温泉・木島平・戸狩 »野沢温泉旅館一覧 »野沢温泉情報

野沢温泉

長野県の北部に位置する温泉地

鮮度が高く良質、豊富な湯量を誇る日本屈指の名湯

長野県の北部、広大なブナ原生林に抱かれた野沢温泉村。かつて、湯治場として多くの人が滞在した温泉街は、当時の面影を残したまま今なお風情があり、源泉外湯めぐりをしながらのんびりと過ごせます。

野沢温泉の湯を発見したのは、聖武天皇の頃(724~748年)にこの地を訪れた僧「行基」であるという説もあるほど、かなり古くから野沢の地に湯が湧いていることが知られていたと言います。江戸時代に飯山藩主の松平氏が惣湯(大湯)に別荘を建て、一般の人々にも湯治を許可した後、多くの人々が湯治という形でこの山里を訪れるようになったと言われています。

村内には30余りの源泉があり、「外湯」と呼ばれる無料の共同浴場が温泉街に13ヵ所あります。源泉は弱アルカリ性で、100%の天然温泉。源泉の一つで、100度近い熱湯をこんこんと湧出、大釜・丸釜・ゆで釜・竹のし釜・下釜の大きな湯だまりをなしている麻釜は、野沢温泉の奇勝の一つで、温泉が地元の人々の生活と密着して利用されています。

名湯だけでは満足されないという方は、宿に美人コンパニオンを呼んでの秘密の宴会をお勧めいたします。長野の大人の魅力たっぷりの美女たちに癒される素敵な一夜をお過ごしください。