ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home»特集記事一覧»石川の子は輝かしいしかわいい!金沢市のピンクコンパニオン宴会体験談

石川の子は輝かしいしかわいい!金沢市のピンクコンパニオン宴会体験談

2021年06月19日更新

北陸最大都市、金沢市で遊んできました!

金沢市の繁華街

宴会大好きオヤジが行く、全国津々浦々のコンパニオン旅行体験談です。今回は北陸最大の都市、石川県は金沢市のピンクコンパニオンを満喫しました!

金沢市は古くから栄えた大都市で、伝統工芸や美術、日本三名園の1つ兼六園やひがし茶屋街など市内観光も充実しており、多くの旅人から愛されています。そして、我々の大好きなコンパニオンも充実しており、ハードコンパニオン(ピンクコンパニオン)、ソフトコンパニオン、ノーマルコンパニオンが揃ったコンパニオンの聖地でもあります!しかも、かなり積極的な女の子が多いという噂も…!

今回、東京から遠路はるばるお尋ねし、加賀美人なコンパニオンと宴会を楽しんで来ました!

金沢市内のコンパニオンのオススメポイント

  1. 東京から北陸新幹線で乗り換え無しで2時間半で行けるアクセスの良さ!大阪からも特急1本で2時間半!
  2. 居酒屋宴会なら予算控えめでもピンクコンパニオン・ソフトコンパニオンと遊べる!
  3. 過激なサービスのできるピンクコンパニオンと居酒屋宴会できる!お得にお色気サービスを楽しめるソフトコンパニオンも充実!

コンパニオン評価【5段階評価】

金沢市のコンパニオン評価

【ノリ:4】ノリの良さは全国でもトップレベル!一次会からはっちゃけるので、2時間だけでも楽しめる。

【エロさ:4】基本的なサービスは問題ないが、上限は女の子によって違う。ガードの低い子を狙っていこう。

【顔:4】全体的にレベルは高いが、少々化粧っ気のない子がいて残念だった。

【スタイル:4】良くも悪くも、素人っぽい雰囲気の子が多いので、めちゃくちゃスタイルの良い子がいるわけではない。

【年齢:5】要望通り、全員20代でびっくりした。普通はリーダーだけ30代ってことが多いが、もれなく20代だった。

新幹線で東京から乗り越えなしで行けるって本当!?

北陸新幹線かがやき

今まで金沢は新幹線と特急を乗り継いで何時間もかかる遠い場所でしたが、北陸新幹線が開通して東京・金沢間を乗り継ぎなしでなんと2時間30分で行けるようになり驚きました。実は、東京駅から乗り換えなしで行けて、コンパニオン宴会ができる場所ってそこまで多くありません。しかも、日本海側ということで、普段関東で食べているものとは違った新鮮な海の幸も期待できるだろうということで、今回の金沢行きが決まりました。

普段は私が幹事をして全部手配をするのですが、今回一緒に行く友人が気を利かせてくれて、新幹線とホテルのセットのプランを取ってくれたとのこと。旅館で宴会がしたかったので完全に余計なお世話でしたが、金沢市内であれば居酒屋でコンパニオン宴会が出来るので問題なしです。むしろ、安く済ませたいのであれば、旅館でするよりもビジネスホテル+居酒屋のセットがお得なのは我々宴会の達人たちの間では常識です。

そして迎えた当日の朝、はじめて乗る北陸新幹線かがやきの車両は、いつも乗る東海道新幹線と比べると趣のある設えで旅行気分も高まります。トンネルが多くて景色が単調なのが少々残念でしたが、仲間と一緒に駄弁っていたらあっという間に金沢へと到着です。

北陸最大の繁華街・金沢市の片町で飲む!飲む!

金沢市のピンクコンパニオン宴会の様子

金沢市で宴会をするなら、「片町」という地域が定番です。片町は北陸最大の繁華街で、多くの飲食店やスナックなどが立ち並びます。今回は当然、片町近くにホテルを予約して、夜遅くまで飲んでもすぐ帰れるように準備は万端です。

金沢駅に着いてすぐホテルへ向かって荷物を置き、兼六園やひがし茶屋街を練り歩きました。江戸時代の美しい町並みが残ってあり、食べ歩きも出来て野郎同士でも楽しく過ごせました。そして夕方には一度ホテルに戻り、いよいよ宴会場へ。今回は、片町にある個室居酒屋を予約して、ノドグロやカニなど北陸の幸を楽しむコースを満喫しようという算段です。もちろん、ピンクコンパニオンの方は20代前半から30代前半まで限定でリクエストしています。

居酒屋は何の変哲もない普通のお店で、自分たちは一番奥の個室席に案内されました。そして18時ちょうどに女の子も来店!いつもこの瞬間が一番ドキドキします。第一印象としては、「北陸美人が来た…」と思いました(笑)リーダーの子はなんと25歳という若さで、他の子も全員20代!こんなこというと他のコンパニオンさんに失礼ですが、やはり20代の子は肌の張りが違います。自己紹介と乾杯もそこそこに、まずは簡単に山手線ゲームから始めました。最初は寿司のネタから始まり、やがてどんどんとエスカレートして、最終的には好きなプレイを言い合ってました。言えなくなったら罰ゲームをしてましたが、言えても言えなくてもある意味罰ゲームみたいなものです(笑)

居酒屋なのであまり派手な宴会ゲームは出来なかったですが、個室で薄暗くて狭い分、女の子との密着は普通の宴会場以上でした。なので、サービスも自然と良くなっていって、開始から1時間半経った頃にはもうトップレスになっている子までいました。普通はなかなか居酒屋宴会でそこまでやってくれる子も少ないです。

二次会のピンクコンパニオンの本気はいかに!?

金沢市ピンクコンパニオンの二次会の様子

ピンクコンパニオンは二次会からまたサービスのレベルがぐんと上がります!居酒屋で盛り上がったあとは、居酒屋宴会の二次会で定番・カラオケボックスへ移動しました。女の子もよく行くところで、ここは「緩いお店」とのこと。部屋を2つ取って適当に別れて、お互いにカラオケ大会の始まりです。まずは定番、B’zの「ultra soul」でテンションを上げていきます!女の子もノリノリで、どんどん曲を入れていきます!一緒に来ていた初参加の後輩Mが空気を読まずによくわからない深夜アニメのアニメソングを入れたりする事故もありましたが、女の子のうちの一人がオタク系に強い子で上手く乗ってくれて助かりました(笑)コンパニオンって水商売みたいなイメージがありますが、学生だったり、OLしている素人の子が多いです。

トイレに行くついでにもう1つ取っている部屋を覗いてみると、全然歌ってなくて、女の子といちゃいちゃしてて笑っちゃいました(笑)自分たちも歌い疲れてきたので、王様ゲームを始めました。もちろん、男女関係なくエッチな命令も躊躇なくしました(笑)野郎同士でキスしたりするハプニングも起こってしまいましたが、それ以上に女の子と良い思いが出来たのでオールオッケーでした!

そんな調子で深夜まで馬鹿騒ぎし、1時過ぎにお開きとなりました。あまりにも名残惜しかったので、一番よく絡んでいたリーダーの子にダメ元で連絡先を聞いたら、「内緒だからね」と一言添えて電話番号を頂きました!でも適当な番号を書いて渡しただけじゃないのか?東京に帰ってからドキドキしながらコールしてみたところ、本当に本人が出てくれてびっくりしました!今度東京に遊びに行くとのことで、早速次のアポも取れて、大成功の金沢旅行でした!遠いようで近い場所なので、新たなオススメスポットとなりました。

みなさまも、ぜひ東京駅からぷらっと乗って金沢の街まで行ってみてはいかがでしょうか~

金沢市へのアクセス

東京からのアクセス

北陸新幹線の開通に伴い、なんと乗り換え無しで2時間半というアクセスの良さでピンクコンパニオンに会いに行けるようになりました!飛行機も所要時間が短くてオススメですが、空港までのアクセスなどを考えると、ずっと座っていられる新幹線に軍配が上がります。

◆電車

東京駅 -[北陸新幹線:150分]→ 金沢駅

◆飛行機

羽田空港 -[飛行機:60分]→ 小松空港 -[バス:約40分]→ 金沢駅

大阪からのアクセス

大阪からもアクセスがよく、特急に乗れば乗換なしで行くことができます。車でも4時間弱で、一泊二日のご旅行でしたら十分楽しんで帰れる距離感がオススメです。

◆車  大阪市内 -[名神高速道路、北陸自動車道:約3時間30分]→ 金沢西IC -[一般道:約15分]→ 金沢市内

◆電車 大阪駅 -[特急サンダーバード:約2時間30分]→ 金沢駅

名古屋からのアクセス

名古屋からも特急利用で乗換なしで行くことができます。車では3時間弱で、北陸自動車道経由でも、東海北陸自動車道経由でもどちらでもアクセス可能です。

◆車  名古屋市内 -[名神高速道路、北陸自動車道:約2時間40分]→ 金沢西IC -[一般道:約15分]→ 金沢市内

◆電車 名古屋駅 -[特急しらさぎ:約3時間00分]→ 金沢駅

金沢市内の関連する特集

金沢繁華街でのコンパニオン宴会(金沢駅周辺、片町)

金沢の忍者寺(妙立寺)が面白い!

金沢市内のオススメプラン!

この記事を書いた人

記事ライター:Yamamoto Hiroki(ヤマモトヒロキ)

業務担当  :添乗アシスタント

入社年   :2008年

累計現地視察数:300件以上

趣味     :海釣り

コンパニオン歴:初めて呼んだのは20年前。ピンクコンパ中心に全国巡って遊んでいます。

仕事の姿勢  :非日常を味わってもらえるような娯楽を提供していきたい。

メッセージ :一夜だけの割り切った出会いを心ゆくまで楽しんで下さいね!

Twitter  :ID:@enkai_net https://twitter.com/enkai_net

ヤマモトが書いた他の記事はこちら