ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »秋田県 »大館・鹿角・八幡平 »大湯温泉(秋田県湯沢市)旅館一覧 »大湯温泉(秋田県湯沢市)情報

大湯温泉(秋田県湯沢市)

時おり黒く細かい「湯の花」が混じる無色透明の湯

大迫力の大噴泉をもつ峡谷の温泉

古くから猟師たちによって効能あらたかな湯が湧くと語り伝えられてきた古湯。本格的な開湯は江戸初期。秋田藩の番所が置かれ、銀山役人や近在の湯治客、仙台・秋田間を往還する旅人はもちろん、藩主佐竹公も訪れたという。現在、「大噴湯」をはじめ4つの源泉から2種類の異なった泉質の湯が湧いている。95度以上ある熱湯は、時おり黒く細かい「湯の花」が混じる無色透明の湯。導管を通って各浴槽に配湯されている。湯上りの心地よさは格別で、繰り返し訪れる湯客も多い。小安峡温泉から約3km、渓谷の両岸のいたる所から湯が湧き噴気を上げている地点が大湯温泉。川を堰き止めた露天風呂、湯殿からの雪景色が気持ちいい。

大湯温泉(秋田県湯沢市)の人気宿ランキング