ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »長野県 »豊科・穂高・安曇野・大町 »葛温泉旅館一覧 »葛温泉情報

葛温泉

北アルプスの麓、大町温泉郷の大元となる温泉

葛温泉

広く引湯されて賑わってきた葛温泉

葛温泉は、アルペンルート・黒部ダムに近く、鹿島川のほとり、白樺やナラ、ブナの林に囲まれた自然との調和が美しい静かな大町温泉郷の1つです。

大町温泉郷の源泉は高瀬渓谷にある葛温泉から引湯されており、その葛温泉の開湯は18世紀後半頃ではないかと言われています。
かつて、食に困った里人が、葛根を採りに登山した際に発見されこの名がつけられたといいます。

現在、葛温泉の4本の源泉を集湯槽で一つに集め、そこから約7.5km下流側の上原分湯槽で大町温泉郷をはじめ、木崎湖温泉、日向山団地、高瀬団地などに配湯されています。

上原分湯槽から1.7km下流側の大町温泉郷内には350tの貯湯タンクが整備されていて、そこから温泉郷内のホテル、旅館に温泉が送られています。

高瀬川には高瀬、七倉、大町と三つのダムがあり、それを囲むように自然が溢れ、野生の猿も見ることができます。
オオヤマザクラ、カラマツの芽吹き、三段紅葉、スキーなど、四季折々の風景の中、ゆっくりお過ごしいただけます。

単純温泉で冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進などに効きます。

葛温泉の人気宿ランキング