ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »山形県 »山形市内・蔵王・かみのやま温泉 »上山温泉旅館一覧 »上山温泉情報

上山温泉

歴史とクアオルトスタイルで形作られた上質な健康保養地として発展している温泉地

開湯555年の歴史とヘルシーながらも贅沢な料理を堪能できる温泉地

上山温泉は、別名「鶴脛の湯」と呼ばれ、長禄2年(1458)、肥前の国(現在の佐賀県)の月秀という旅の僧が、沼地に湧く湯に一羽の鶴が脛を浸し、傷が癒えて飛び去る姿を見かけたのがはじまりといわれています。湯町にある「鶴の休石」は、その鶴が休んだ石だとか。そこが、かみのやま温泉発祥の地とされています。市内には地区ごとに、数多くの温泉があり、これらを総称して「上山温泉」と呼んでいます。新湯、湯町の界隈は城下町として栄え、いたるところに往時の面影を残す蔵や屋敷が佇んでいます。

一方、高松、葉山は、まちなかを離れた静かな高台にあり、蔵王連邦を一望できる抜群のロケーション。また神社やお寺も点在しています。古風な情緒がまちいっぱいに漂うかみのやま。ゆかたで歩くのがピッタリのまちです。

上山温泉には、個性的な足湯があります。蔵王の山並みや市街を見下ろしながら、地元民とのふれあいなど魅力を存分に味わってください。