ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home»特集記事一覧»【2022年最新風俗情報!】石和温泉でのナイトライフ

【2022年最新風俗情報!】石和温泉でのナイトライフ

2022年09月20日更新

甲府盆地の夜景

主に東京や神奈川などの首都圏の男たちが、こぞって行きたがる石和温泉。
一般的に一度行った旅先であれば、次に行く旅行は別の行先を選ぶのが定石だ。

しかし!!この石和温泉だけは、なぜかお決まりの行先として設定している男子も多く、毎年のように定期的に向かうというお客様も珍しくない。

では石和温泉の何が男達をそこまで呼び寄せているのか。
それは夜の活動が充実しているからだ。
まだ知らない人には知っていて欲しい「石和温泉ならでは」の魅力を伝えていきたい。

石和温泉はコンパニオンありきの行先

石和温泉のコンパニオン

普段の旅行でコンパニオンを呼ぶなどの習慣がないと、石和温泉でコンパニオンの必要性を言われてもピンと来ないと思う。

僕も初めてコンパニオンのもてなしを受けるまでは、そういった職業の人達がいるということすら知らなかったものだ。

多少のコンパニオンと遊んだ経験がある人も含め、男同士の旅行で石和温泉に向かう人達がなぜそこまでコンパニオンありきで予約をするのか、知って欲しい。

石和温泉のコンパニオンプランを探す

そもそもコンパニオンは必要なのか?

石和温泉のコンパニオン

泊る宿で温泉に入れたらそれでいいし。

夕食はおいしいものを食べたいけど、食べるだけ食べたら旅館から出て、温泉街で遊べたらいいじゃん。

コンパニオンを呼んだらそれはそれでお金かかるし、どうせだったら違うところで予算を取った方がいいじゃん。

そう発言するお客様は一定数いる。

しかし想像してみて欲しい。
夕食の席で男だけで飲んでて、楽しいか?
若いかわいい女子がその中にいたら、特に理由はないがなんでかウキウキするものはないか?

更に言うと、温泉につかって汗を流した後は旅館の浴衣を着る。その恰好で夕食を食べ、いいだけ飲んでアルコールが入ってくると、わざわざ外へ出るのが億劫になるものだ。

コンパニオンは、どこかで待機しているわけではないということは知っているだろうか。
旅館に着いて、いざ食べ始め、「物足りないからその場でコンパニオンを呼ぶ」というわけにはいかない。

出勤できる人を探したり、見つかった女の子が身支度したり、移動したりしているうちに、こちらの食事の時間は過ぎてしまうから、コンパニオンは予約段階で段取りしておいた方がいい。

後で記載しておくが、石和温泉の飲み屋はかなり尖っている。
失敗なく遊びたいのであれば、コンパニオンをオススメしたい。

石和温泉のコンパニオンは2パターンあり

石和の温泉コンパニオン

石和温泉に来るコンパニオンは、大まかに分けて2種類ある。

厳密に分けるともう少し細かい種類もあるが、説明が長くなるから今回は2つに分けた説明をさせてもらおう。

楽しく会話を弾ませてくれ、飲み食いの世話を焼いてくれる。
そんなサービスをしてくれるのが「ノーマルコンパニオン」だ。

ザックリで言うと、キャバクラで受けるサービスみたいなものだ。

それだけではなく、体にタッチさせてくれ、身につけた衣類をスルスルと脱いでくれるサービス精神あふれる女性たち。それが「ピンクコンパニオン」だ。

石和温泉あたりに来ると、「スーパーコンパニオン」とも呼ばれている。

調子こいて男側が脱いだとしても、一緒になって盛り上がってくれるのが後者のピンクコンパニオンだ。

ノーマルコンパニオンより費用はかかるが、値段が上がるだけの価値はそれだけある。

おすすめはピンクコンパニオンだが、迷いが出たとしても最低限ノーマルコンパニオンだけは準備しておいた方がいい。

石和温泉のプラン一覧へ

石和温泉のコンパニオンはワンチャンあり!?

石和温泉のスーパーコンパニオン

ナイトライフの充実度を計るバロメーターの一つとして、ワンチャンあるのかないのか。
そのウェイトが大きく占める男子はかなりの数でいるだろう。

ぶっちゃけで言うと、チャンスは全く無いわけではない。

しかしそこは、「コンパニオンの仕事外」の話として考えて欲しい。

コンパニオンも人の子だ。
女子特有の体の周期的なものとか、結構好き者の娘だったり、男日照りが続いちゃった子なんかもいて、一緒に酒を飲んで体を触られているうちに気持ちよくなってしまい、アルコールが理性というガードを下げてくれ、時間外に客室に戻ってくる子もいるらしい。(お客様からよく入る情報)

コンパニオンの仕事中に一線を超えてはいけないわけだが、「コンパニオンとお客様だけ」という密室状態での仕事であるから、本当はそこで何が行われていたかは、外部の自分たちには知りようがない。「何枚かお札を握らせたらどうにかなる子もたまにいる。」(お客様からの情報)

石和温泉のスーパーコンパニオンは、全国レベルで言うとモラルがゆるい。
ダメな子は何してもダメだけど、イケる子はイケる。よその温泉地より成功率が格段に高い。(お客様からの情報)

こういう話は、リピーターのお客様方からたくさん聞こえてきてくる。
ワンチャン狙って行くには最適な行き先と言えるのではないだろうか。
だからこそスーパーコンパニオン付きで予約した方がいい。

一つだけアドバイスをさせてもらうとすると、「受け身」では成功率は低い。

いい夢をみたお客様は、大抵自分から何かしらの対策を打ち、積極的に努力を行っていることは間違いない。
努力と挑戦の回数は、成功回数に顕著に現れるものだ。
健闘を祈る!

石和温泉のピンクコンパニオンプラン

石和温泉の繁華街の様子

コンパニオンとの宴会と、宴会後の夜遊びは別腹。と言うお客様も多い。

宴会の流れでそのままコンパニオンとずっと過ごしたいと言う方も大勢いますが、外に出て探検したい。チャレンジしてみたい。
そんな冒険心を持つお客様は決して少数派ではありません。

石和温泉の旅館が連なる川沿いの道と平行して走る道。一本中に入った通り沿いに、飲み屋街は集中しています。

韓国、タイ、フィリピン、ロシアなどの海外の女の子が在籍していると思われる看板が多いですが、探せば日本人の女の子がいる店もポツりとある。
石和温泉の旅の一晩をこの繁華街で思う存分満喫して頂きたい。

現地情報

石和温泉の飲み屋街

「昔はもっと飲み屋街も栄えていたが、店舗数も減った」とあちこちの旅館経営者さんから聞く。

しかしこの界隈という限定的な状況では、店舗数は減っているのかもしれないが、日本全国の温泉街というものを見て回っている自分から言わせてたもらえば、石和温泉はかなり「盛り上がっている」温泉街だと言える。

さて街の様子だが、居酒屋など「飲む」専門の店舗が多いように感じた。そして、外国人が働いていそうないかがわしい雰囲気の看板もあちこちにあり。

「超挑発BODYが多数在籍」とか「美女淫乱パブ」とか、到底 素通りできない殺し文句が書かれている看板を出している店舗も中にはあり。
小心者の自分にはドアを開ける勇気はなかった。

中がどんな雰囲気で、どんな女子が中にいて、どんなシステムなのかまでは把握ができず無念…。我こそはと言う勇者はぜひ制覇してきて欲しい!

caution!!

石和温泉で名が知れている「ホテルふじ」の周囲に停まっているタクシー。

一夜を一緒に過ごしてくれる女性のところへ連れて行ってくれる「魔法の乗り物」のように錯覚しますが危険です。連れて行かれた先には妖怪が待っている「地獄行きのタクシー」と言う現地情報が多数入っています。
そして、同じくホテルふじの割と近い交差点に出現する客引きのおばあさん。オバサンではなく「おばあさん」です。

ここもかなりな危険地帯。男の純粋な下心を利用して、とんでもないゲテモノのところへ案内します。 捕まらないよう、気をつけて石和温泉の夜道を歩きましょう。

石和温泉での風俗情報

石和温泉で風俗店を探す場合、どういった風俗店が存在しているのか。

同行する女子がいない、この石和の夜のパラダイスタイム!

日頃から仕事や家庭での課せられた役割をこなすうちに、体のあんな所やこんな所に溜まってくるものをどうやって昇華するのか。

そんな頻繁に旅行へ行ける機会も金も時間もない、この「今回与え給えた滅多にないチャンス」。失敗は許されない。

確実に仕留める為の下準備として、現地で見てきた情報を元に作戦を練ってみて欲しい。
健闘を祈る!

石和温泉のソープ店

石和温泉でソープに行きたいと思えば、石和温泉内で言うとココ!!

その名もトクヨク石和という看板があがっている「クリスタル」。
営業時間は13:00~24:00。ピンクコンパニオンと遊んだ後に、もうひと働きしたいというお客様は、石和温泉内にあるからお手軽にご利用できる。

国道411号線を少し入ったところにあり、駐車場も完備。
閑静な住宅街の中ほどに、ひっそりと建っているから集中して探さないと見落としそうになる。

温泉街から徒歩でも10分程度。
気が向いたらフラッと向かえるその手軽さもいい。

石和クリスタルの概要

ジャンル:特殊浴場
住所:〒406-0023 山梨県笛吹市石和町八田120
営業時間:13時~24時
定休日:年中無休
利用料金:40分 15,000円、60分 20,000円、90分 25,000円

現地情報

あくまでも、石和温泉でよく宴会をしている知り合いの話なのだが
チェックイン受付開始と同時に旅館に到着するようにし、ちょくちょく宴会の前に石和クリスタルに行くのだが、受付は毎回おじいさんが担当。
嬢は「選ぶのを迷う」と言うほど在籍はしておらず、いる中からどれが当たりかを考えて選ばざるを得ない。どころか、「店の人にお任せ」状態になっていて選べない。と言う状況。

30代だったら当たり。40代は日常。20代なら大当たり。
新しい嬢が入ってもすぐにやめるようで、前回に大当たりした子を次回に指名しても、もういない。と言う状況。

年齢や見た目にこだわらなければ問題なく利用できるところだ。

caution!!

石和温泉でたった一軒のソープランド。
住宅街の中にひっそりと建っているからなかなか見つけづらい。
石和温泉駅を背に駅前の通りをまっすぐ行って川を渡る。
石和橋と言って着物を着て笛を吹いている銅像が橋のド真んにあるからわかると思う。

渡ってちょっと行くと、石和温泉旅館協同組合がやっている宿泊案内所がある交差点に出る。
そこを左に曲がって、ワイン工場を通り越す。
右に大きい旅館があり、更にまっすぐ行くと左にデイサービスの老人向け施設がある。
その隣の鯉の養殖所を超えて用水路沿いに更にまっすぐ行くと、ランプが一つしかない信号機がある。
その信号を右に曲がり、一個目の曲がり角を右に曲がってすぐに「クリスタル」と書いた看板がある。

思いっきり住宅街の中にまぎれているから、ぜひ探してみて欲しい。

風俗街で遊ぶなら甲府へ

温泉街で一軒だけのソープ店では物足りないと言う方は、タクシーなどで甲府市に向かっている。

ソープ目的で下調べをする人ほど、甲府市に行きたくなるという。
なぜなら甲府市は、甲信越の中でもトップクラスの歓楽街を有しているからに他ならない。

石和温泉街からであれば、車で20分もあれば行けてしまう。

特に隣県の長野県は条例などが厳しいこともあり、ネオンの眩しさを求めてたくさんの男性客が甲府市に集まって来る。

甲府駅から少し行った所に中央商店街があり、その中に「裏春日」と呼ばれている一帯がある。

ソープランドやピンサロを求める男性は、春桜会通と言われているところに向かう。

客引きなども立っているので、値段も含め旅行の夜のシメに相応しい店と女の子を選んで欲しい。

タクシー代が気になるところではあるが、同士を募って行けばタクシー代もそうひどい金額にはならない。

現地情報

石和のソープ店と違って、写真を見て嬢を選択できる。

しかもちゃんと20代の子が在籍している。

見た目は中の中とか中の下の子ばかりで、たまに極上に近い見た目の子もいる。
例え中の下の見た目だったとしても、20代だと言うだけで石和から足を延ばして行くだけの価値はある。

相場も、石和より低めの設定だからタクシー代を考えたら割に合うのではなかろうか?

石和温泉でデリヘルを呼ぶ

石和クリスタルではさすがに勝負に出られないだろう。

かと言って旅館で風呂に入って、食事をした後でヌキ目的とは言え、わざわざ甲府まで行く!?
さすがにそれは面倒だろう。

「なんとか石和温泉界隈で済ませたい。」
という効率主義の諸君。

だったらデリヘルはどうなのか?
当然考えることと思う。

ではそのあたりの石和温泉の「生の事情」とやらを語らせてもらおう。

石和温泉の旅館の事情

石和温泉の旅館

石和温泉の旅館は、どこの旅館も「ちゃんとした」「まともな」宿ばかりである。

一般のファミリー層のお客様も泊れば、各界の著名人が泊ることもある。

そんなまともな神経をしている旅館が、デリヘルのお姉さんがプリティ・ウーマン張りに旅館に入って来たとして、入れてくれるかと言うと、入れてくれるわけがない。

自分がリチャード・ギア張りの富豪で、支配人がひれ伏すレベルでの顧客であれば、例外的に認められることもあるかもしれないが、一般的な常識で考えたら、まずありえない話である。

そうなると石和温泉でデリヘルを呼ぶにはどうしたらいいのかと言うと、勝沼バイパスの金川付近にラブホテル街があるから、そこまで出向くことになる。

距離にして約3km、移動時間5~10分程度となる。

デリヘルへの支払額の他に、移動のタクシー代、ホテル代なんかも計算に入れておいた方が良い。

番外編 石和温泉の裏風俗

石和温泉街の様子

石和温泉街には「裏風俗」と言われるジャンルのヌキありの風俗サービスが存在する。と言われています。

裏風俗と言われると、エステ系であったり、ちょんの間であったり、連れ出しスナックであったりするのだが、この石和温泉に存在するのは「連れ出しスナック」と言われるものである。

一見ただの街のスナックやパプのような店構えでいながら、実は店内で案内される女性と二階などの別室や、店舗外の部屋に案内されるなどしてサービスに及ぶわけである。

夜になりネオンがチラチラと光る界隈に行くと、東南アジア系の店舗名や韓国系の店舗名などが目に映る。

純粋に飲んでる間だけの相手をしてくれるだけのサービスの店もあれば、連れ出しスナックも混ざっているわけだが、ぶっちゃけ連れ出しスナックには「ここは連れ出しスナックです」とは書いてない。

客引きらしき人物が店舗前で立っていたら、どんな子がいるかなど聞いてから入るかどうか決めるのも手である。

しかし客引きがいない場合などは、裏風俗で遊びなれていない場合、入ってみたらただの飲み屋だったとか、入ってみたら化け物揃いだったけど、引き際がわからず、結局高い金を払って乗り気でないままサービスを受けることになる。なんてこともある。

上級レベルになれば、感覚も分かり上手に遊べるとは思うが、まず日本人はいないということで、「えっ!?そうなの!?」と引いてしまう人もいるだろう。

そして若いかと言うと、そうでもない。30代だったらラッキー。40代だったらそんなもん。ハマると50代という事例もザラである。

好き嫌いが分かれる領域だから、自分に合っているのかどうかを考えてからトライしてみて欲しい。

結局は、どうしたら一番遊べるのか

石和温泉のスーパーコンパニオン

このサイトでコンパニオンを扱っているから言うわけではないが、石和温泉に行くのだったら、やはりまずはコンパニオンを準備しておいて欲しい。

しかもただのコンパニオンではなく、ピンクコンパニオンをだ。

コンパニオン遊びをしないのだったら、何も石和温泉にまで行かなくとも吉原あたりで遊んでいれば十分欲は満たされるはずだ。

石和温泉のピンクコンパニオンは、なんせエロい。

宴会だけのはずが、なんか知らんが盛り上がりすぎて発展してしまった~!
なんてことも珍しい話ではない。

当たり前すぎるから説明するのもどうかと思うが、来る女の子はみんな日本人である。
20代の子もたくさん所属しているし、30才ちょいくらいの子もいる。

そんな子達が、かなりエロいサービスをしてくれるから期待して欲しい。

石和温泉はこんなことができる

石和温泉のコンパニオン

石和温泉は露天風呂でコンパニオンと遊ぶことができる。

ビールや熱燗を片手に、一緒に温泉につかりながらの濃密なコンパニオンとの時間は最高だ。

石和温泉ばかりに行っていると、布団が敷いてある泊まる部屋で、コンパニオンのお姉さん達と裸の付き合いをしたり、風呂で遊んだりと、朝までエロい遊びをしていると、「全国どこ行ってもピンクコンパニオン遊びって言ったらそんなもんだ」と錯覚してしまうお客様がたくさんいる。

石和温泉だけが特別とまでは言わないが、全国的に見てコンパニオンもここまでガバガバで、旅館も男女のアレコレに気づいても目を瞑ってくれるという、パラダイスな環境が整っているのは、このコンプライアンスにうるさい時代、欲望を抱える男子にとっては、かなりありがたい存在だと言える。

石和温泉のピンクコンパニオンプラン

石和温泉の風俗遊びの王道はコレだ

石和温泉のコンパニオン宴会

石和温泉に行くなら、まずコンパニオンは呼んでおく。

自分で手配をすると化け物が来ることがあるから、うちのようにコンパニオンを専門に取り扱う会社に委託するといい。

宴会ネットは手配するにあたって、仲介料や手数料などはかからない。

ピンクコンパニオンのプランで手配をしたら、朝まで一緒にいる心積もりはしておこう。

最初の2時間で好みの子かどうかを確認し、酔わせられそうか、金に弱そうか、褒めちぎったらイケそうか、まずは相手の弱点と貞操観念の固さを判断しよう。

イケそうだと思ったら、迷うことなく延長戦に持ち込み勝負に賭けよう。

好みの子を仲間に取られたり、なかなか手ごわい相手だと判断した場合は、近場で1軒しかないソープに行くか、オリエンタルなムード漂う裏風俗で賭けに出るか、本番まではできないかもしれないけどラブホテルへ移動してデリヘルを呼ぶか、甲府にまで車を飛ばして堅実に風俗街で遊ぶか選択をしよう!

ピンクコンパニオンのことなら任せて欲しい!

勝率の高い子、落とせそうな子、金に困っている子、最近彼氏と別れて寂しがっている子、お客様とヤリすぎて注意を受けた子など、個人情報まで把握している。

天国を見たい人、ぜひ手配申込みをして欲しい。

石和温泉のコンパプランを探す

無料相談

関連する石和温泉の特集

石和の宴会でツイスターをした

【体験談】石和温泉のスーパーコンパニオンが人気のワケとは!?

https://enkainet.com/feature/id-66440/

やまなみの外観

石和温泉の宴会で定番の旅館5選

https://enkainet.com/feature/id-73960/

ホテル八田の大浴場

石和温泉と言えば!スーパーコンパニオン宴会で定番の旅館 vol.1

https://enkainet.com/feature/id-73698/

石和温泉の大浴場

石和温泉と言えば!スーパーコンパニオン宴会で定番の旅館 vol.2

https://enkainet.com/feature/id-73774/

石和常磐ホテルの宴会料理

石和温泉と言えば!スーパーコンパニオン宴会で定番の旅館 vol.3

https://enkainet.com/feature/id-73877/

石和温泉のぶどう狩り

石和温泉から行く定番の観光先 5選

https://enkainet.com/feature/id-73438/

石和温泉の客室

コンパニオン宴会ができる石和温泉の高級旅館5選

https://enkainet.com/feature/id-74067/

石和温泉に行った際の立ち寄り先

Isawa Kikyou59

石和温泉に行くなら桔梗屋本社工場テーマパークに寄ろう!

https://enkainet.com/feature/id-74963/

マルスワインの外観

石和温泉で人気のワイン工場見学ツアー

https://enkainet.com/feature/id-74574/

Isawa Wain04

石和温泉駅で楽しむワインサーバー

https://enkainet.com/feature/id-74519/

石和温泉駅の足湯

石和温泉の三つの足湯

https://enkainet.com/feature/id-74360/

この記事を書いた人

記事ライター:Ishizawa Yuto(イシザワユウト)

業務担当  :カメラマン

入社年   :2010年

趣味    :コンパニオン旅行、風俗巡り

コンパニオン歴:2000年頃から、それから年に3回はコンパニオンと宴会しています。

仕事の姿勢 :エロい女の子大好きなので、リアリティのある現場の生の情報を届けたい。

メッセージ :コンパニオン宴会のエロい楽しみ方をギリギリまで追求していきます!

Twitter  :ID:@enkai_net

イシザワが書いた他の記事はこちら

記事の関連温泉地