ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home»特集記事一覧»必見! 若くてキレイなコンパニオンを呼ぶテクニック

必見! 若くてキレイなコンパニオンを呼ぶテクニック

2017年03月29日更新

Wakai 1

待ちに待った仲間との宴会コンパニオンツアー。いざ夜になり、部屋にコンパニオンが来る段階になって、それが全員好みのタイプでなかったら、ガッカリしますよね。男の本能というか性(さが)というのでしょうか、やはりどうしても若くてキレイな女の子がいい! となりますよね。男はいくつになっても成長しない生き物なのかもしれません(笑) もちろん予約時にコンパニオンの希望を伝えることはできますが、いくら予約時に若い女の子がいい!といっても、こちらが希望した若めのコンパニオンが必ずしも来るとは限りません。

なぜかというと、そもそも宴会コンパニオンという職種は20代半ば〜後半以降の女性が多いからです。しかも彼女たちは年齢をサバ読んでいるケースが多々あります。中には10歳以上サバを読んでいるコンパニオンもいるとかいないとか。これは職業柄、ある程度は仕方のないことです。

かといって決して安くはない金額を支払って遊ぶ以上、やはりこちらの希望に近いコンパニオンさんを呼んでもらって、楽しんだ方がいいですよね。今回は若くてキレイなコンパニオンを呼ぶテクニックを伝授したいと思います。

ポイントは早めの予約とリサーチ

Jyunbi

まず第一に、予約は早ければ早いほどいいということです。そして予約の際に希望をできるだけ丁寧にわかりやすく伝える、ということです。

これが直前の予約になってしまうと、若いコンパニオンが他のグループに押さえられてしまい、こちらの希望と異なる年代のコンパニオンが来てしまう原因になってしまいます。特にゴールデンウィークやお盆、年末年始などは宴会コンパニオン業界も繁忙期なので、早めの予約を怠るとこちらの希望とかけ離れたコンパニオンが来てしまうか、下手をすれば宴会の予約そのものができなくなってしまう可能性があります。

第二に温泉地によってコンパニオンの年齢層にバラつきがあるということです。この点については都会から近いから若い子が多い、とは必ずしもならないようです。東京から日帰り圏内の老舗有名温泉街でも、宴会コンパニオンを頼んでみたら、年配の方だらけだった!というショッキングな報告もあるくらいです。コンパニオンに若い子が多い温泉街を当てるには事前のリサーチが命です。

宴会ネットにおまかせあれ!

1、熱海温泉(静岡県)

東京から最も近く、知名度もある静岡県・熱海温泉。新幹線なら30分ちょっと、クルマでも1時間30分ほどで着いてしまうアクセスの良さが魅力ですね。首都圏から近い温泉地だけあって、コンパニオンの質・量ともトップクラスと言われています。温泉旅館やコンパニオン派遣会社の数も多いので、自然と女の子が集まる仕組みになっているんでしょうね。また女の子のタイプも美人系からカワイイ系、スレンダーからグラマー体型まで幅広いラインナップを揃えている点も魅力です。

宴会コンパニオンプランの種類も豊富で、一番人気なのはシースルーコンパニオン(お色気サービスあり)で、他にも通常のソフトコンパニオンやコスプレコンパニオンや私服コンパニオン、さらには二次会からお色気コンパニオンに変身するプランまで多種多様です。また熱海温泉の特徴として、宴会コンパニオン遊びに特化した旅館の存在が挙げられます。女性客や子ども、カップルが宿泊していると、どうしても遊びに集中できない!といった方々もいらっしゃると思うので、そうした方への配慮が伺える点は評価すべきだと思います。

また熱海は歓楽街も充実しており、二次会でお気に入りの女の子とのツーショットタイムとしてカラオケや居酒屋、貸切風呂なども楽しむことができます。さらに市内には熱海サンビーチという綺麗な海水浴場があり、また夏だけではなく通年花火大会が定期的に開催されており、季節を問わず様々なアクティビティーが楽しめるのも魅力です。少し離れたところには有名な「熱海秘宝館」があり、ここは是非男性グループで訪れて欲しい観光スポットです。

2、加賀温泉郷(石川県)

北陸を代表する温泉地で、小松市の粟津温泉、加賀市の片山津温泉、山代温泉、山中温泉の4つの総称を指します。北陸新幹線の金沢駅から1時間ほどなので、首都圏からのアクセスも随分良くなりました。

こちらの温泉地のウリはとにかく融通が利くということ。通常宴会コンパニオン遊びはコンパニオン2名から予約を受け付けるという旅館が多いですが、加賀温泉郷に代表される北陸地方の温泉地ではなんと1名から予約を受け付けてくれるところが多いです。男の一人旅、若くてセクシーな美人コンパニオンと二人っきりでイチャイチャ。。想像しただけでアソコがモッコリしそうですよね(笑)。大人数でワイワイ宴会するのは楽しいけど、人目が気になって思ったほど大胆になれない、自分のペースで思いっきりピンク温泉旅行を楽しみたい!といった痒いところに手が届く、お客様ファーストの接客姿勢が北陸の温泉地が愛される理由なのかもしれません。

3、別府温泉(大分県)

九州のみならず、日本を代表する温泉地と言っても過言ではない大分県の別府温泉。歓楽街もあり、夏には海水浴場もオープンするなど、宴会以外の楽しみも豊富で、最近は海外からの観光客も目立ちます。

九州の女の子は都会のスマートな男性に弱いらしく、特に東京の男性はモテるそうです。オススメの遊び方は一次会で盛り上がった女の子を連れ出して、すぐ近くに飲み屋街に繰り出すことです。朝まで二人きりでカラオケしたり、しっぽり飲みながら口説けば、ムフフな展開も待っているかもしれません。

若くて、キレイなコンパニオンと素敵な夜を!

Waki 3

いかがでしたしょうか? 早めの予約と事前の情報収集、そして温泉地ごとのコンパニオンの特徴を分析すること、これに尽きると思います。上記の点を押さえておけば、若くて綺麗なコンパニオンに当たる確率はグッと上昇します。ぜひお試しください! そして、素敵な夜をお楽しみください♪

記事の関連温泉地