ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home»特集記事一覧»鬼怒川温泉周辺の人気の観光スポット10選

鬼怒川温泉周辺の人気の観光スポット10選

2017年12月18日更新

お色気コンパニオンにも対応する鬼怒川温泉

Kinugawa Kanko01 Min

東武線も整備され、立ち寄り先で困ることのない鬼怒川温泉。観光先だけでなく、お夕食時には宴会コンパニオンの他にスーパーコンパニオンやシースルーコンパニオンと言われるお色気対応のコンパニオンがお客様をおもてなし致します。男同士で思う存分に観光を満喫した後の夕食は、かわいいコンパニオン達との楽しい夜が待っています!そんな鬼怒川温泉を拠点に行ける人気の「立ち寄り先」の定番から、ちょっとした空き時間で行ける近場のスポットまでご紹介致します。立ち寄り先がなくて困ることは全くないので、当社がお勧めする人気の温泉地の一つとなっております。

menu

1.東武ワールドスクウェア

東京駅や清水寺、厳島神社、姫路城などの日本の建造物だけでなく、自由の女神にパルテノン神殿、スフィンクスにエッフェル塔、サグラダファミリアにタージマハルに万里の長城と言った世界遺産や有名なシンボルを中心に展示されています。25分の1の縮尺で、細部にまでこだわって再現されているので見ていて飽きません。また、ランドマーク的な建物だけでなく、四季を感じさせてくれる木々やそこに訪れている人達も再現しています。目を凝らしてみると、西遊記の三蔵法師、水戸黄門、ローマの休日のオードリーヘップバーン、男はつらいよの寅さん、カールおじさんがいました。まだまだ探せば見つかるので、そう言った隠れキャラをミッケしながら見て回るのも旅の思い出の一つになります。

Kinu07

料金:2,800円(団体割引あり)
営業時間:3/20~11/30 9:00~17:00,12/1~3/19 9:30~16:00
定休日:年中無休

住所:〒321-2593 栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
交通アクセス:東部ワールドスクウェア駅から徒歩約4分
駐車場:普通車500円、二輪車200円

2.EDO WONDERLAND 日光江戸村

日光江戸村とは、江戸時代の街並みを再現したテーマパークです。江戸時代の世界に入ることができて、非日常の時間を過ごせます。子供向けの行き先かと思いきや、意外と大人向けのアトラクションも用意されていて、男同士でも十分楽しめます。町人や侍だと約4,000円程度でコスブレの利用が可能です。他にもご予算に余裕があるようでしたら、殿様や新撰組、かぶき者にもなれます。砂鉄が日本刀になるまでのプロセスが紹介されている鍛冶屋や、からくり迷路、平行感覚が完全に失われる不思議な忍者屋敷を見て回れます。他にも、侍や弓道や手裏剣投げの体験もでき、小腹がすいたらせんべえ焼きの体験に行ってもいいです。劇場や屋外でもショーをやっていたりするので、時間を持て余すことはなさそうです。食事も、蕎麦やうどんや日本食などの食事処が各所に用意されていて、スタンドでの軽食販売もされているので食事で困ることはありません。建物も、江戸時代さながらで小物にまで徹底して江戸の街並みを造り出しています。また、各所に配置されている施設スタッフも、江戸時代の人物になりきっているので時代劇の世界をリアルに体験できて楽しいです。

Kinu10

料金:4,700円(団体割引あり)
営業時間:3/20~11/30 9:00~17:00,12/1~3/19 9:30~16:00
定休日:毎週水曜日(大型連休と重なる際は営業)

住所:〒321-2524 栃木県日光市柄倉470-2
交通アクセス:鬼怒川温泉駅からお車で約10分
駐車料金:普通車1台800円

3.とりっくあーとぴあ日光

視覚から脳を騙して実際とは違うように見せる絵画などを取り扱っています。絵が飛び出るように見えたり、長さや大きさが見た目とは違ったり、見る角度によって全く見え方が違ったりなどします。壁に飾られた絵画を眺めながら館内を一周する一般的な美術館とは違い、実際に触れたり絵画の中に入り込んだりと、身近に触れてトリックアートと言うものを体感して頂けます。温泉街を通るバイパス沿いに建っているので、旅館までの行き帰りの途中に少し立ち寄りができて便利です。

Kinu05

料金:2,200円(団体割引等あり)
営業時間:7月半ば~8/31 9:00~17:30,通常 9:30~17:00
定休日:年中無休

住所:〒321-2525 栃木県日光市小佐越1−4
交通アクセス:鬼怒川温泉駅からお車で約10分
駐車料金:無料

4.鬼怒楯岩大吊橋

キヌタテイワオオツリハシと読みます。鬼怒川サンシャインホテル横の道から入ると行ける、全長100メートル以上の長いつり橋です。無料駐車場が設置されており、トイレ休憩もできます。隣にはコンビニ的な店舗があるので、旅館に持ち込むビールやつまみ、タバコなども購入できます。駐車場から徒歩ですぐのところにつり橋はあり、徒歩専用となっています。真下には鬼怒川が流れており、つり橋からはむき出しの岩肌が迫って見えます。つり橋をを渡ると、そのまま盾岩鬼怒姫神社や、展望台にたどり着きます。ですが、現在落石などで崩壊しているため通行止めとなっています。旅館への行き来の途中に車を止めてぶらっと寄れるので、時間の調整の際にご利用頂けます。

Kinu09

料金:無料
営業時間:24時間
定休日:年中無休

住所:〒321-2526 栃木県日光市鬼怒川温泉滝
交通アクセス:鬼怒川温泉駅からお車で約7分
駐車料金:無料

5.鬼怒子の湯

鬼怒川温泉街の中に架かるくろがね橋。その袂にある足湯の施設が「鬼怒子の湯」。静かな温泉街の中に木造の雰囲気ある建物が散策中に目に入ります。くろがね橋に立つと、鬼怒川を流れる水と、その両側に生える木々の季節ごとに変わる葉の色、そして更にその上には、大型旅館の建物が聳えるように並んで建っています。その景色はなかなかのもので、そよぐ風や通り過ぎる人の声や川の流れの音が心を癒してくれます。橋にも腰掛ける岩が配置されていますが、足湯に浸かって眺められるならこれまた癒し度がアップします。旅館での滞在時間の空きがあった際にチラッと歩いて寄れると言う、ホッと一息つける施設です。

Kinu08

料金:無料
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休

住所:〒321-2521 栃木県日光市藤原1-15
交通アクセス:鬼怒川温泉駅からお車で約5分、徒歩で約20分
駐車料金:無料

6.龍王峡

豊かな木々の葉の彩りと、切り立った岩の間を縫うように流れる鬼怒川。龍王峡では、その自然が造り出した迫力ある光景と、川の流れを散策と共に触れて頂けます。観光客向けに、遊歩道も整備されているので、軽装でも散策することができ、ご宿泊のついでに車を停めてご覧頂くことができます。また、電車をご利用のお客様でも、野岩鉄道会津鬼怒川線をご利用頂いて、龍王峡駅で下車頂ければそのまま徒歩で向かって頂くことができます。まず、出発点となるところは五龍王神社となります。そこから散策コースが展開されているのですが、周囲を歩かれる程度でしたら軽装でいいのですが、最奥のゴールにあたる川治温泉岩風呂付近までとなると、3時間程度かかると言われています。途中の見どころは、橋で言えば「虹見橋」、「浜子橋」、「むささび橋」。滝で言えば「虹見滝」や「竪琴の滝」。その他にも「底なし沼」なんかもあったりして、ワイルドな感じがします。そして、途中には「むささび茶屋」と言う休憩スポットがあります。人気メニューの味噌おでんと共に、コーヒーやジュース類だけでなく、ビールやワンカップなどで景気づけができます。鬼怒川温泉でご宿泊のお客様だけでなく、日光方面に来たお客様などが大勢訪れている人気のスポットとなっています。

Kinu12

料金:無料
営業時間:むささび茶屋 10:00~15:00
定休日:むささび茶屋 不定休

住所:〒321-2521栃木県日光市藤原
交通:鬼怒川温泉駅から会津鬼怒川線にて龍王峡駅まで約11分、龍王峡駅から徒歩にて約1分
駐車料金:無料

7.アドベンチャー体験

国内では限られた河川でしか実施されていないアドベンチャー体験を思いっきり楽しめます。鬼怒川の流れに身を任せて、ゆったりと景色を楽しみながら下っていく時間は、カヤックならではの過ごし方です。水面がすぐ側にあり、初心者でも気軽に体験できます。そして、スリルを味わいたい方は、ラフティングがお勧め。ゴムボートを使ってやる急流下りと聞けば想像できますでしょうか?コースによっては、岩場の上から川に飛び込むという体験も組み込まれていたりして、勇気の見せ場があります。そして、1艘にナビゲーターの他に7名までが乗船するので、川を下る間の困難を協力してクリアするという連帯感や達成感を共有できます。団体行動のノリやボートはちょっと…いう方には、キャニオニングがお勧めです。あまり耳に馴染みはありませんが、これが結構楽しい。川を徒歩で下りながら、滝つぼに入り滝に打たれる、泳いでみる、時には滝を登ったり、沢を滑り降りたり深さがあるところでは岩から飛び込んでみる。少年時代に戻ったように、冒険心を満たしてくれます。

Kinu06

料金:7~8,000円程度
営業時間:コースによる
定休日:コースによる

住所:〒321-2526 栃木県日光市鬼怒川温泉滝
交通アクセス:
駐車料金:無料

8.平家の里

源平合戦で源氏方に負けた平家の一族は、日本全国に逃げ落ちました。その中でも、平清盛の嫡子とされていた平重盛の子孫がこの鬼怒川の近くに逃げ延びたとされています。この落人のまつわる逸話がこの平家の里には残されており、男の子が生まれた際に鯉のぼりをあげたことから源氏方に見つかり、打撃を受けた教訓として、鯉のぼりを上げないと言う習慣や、他にもトキを告げる鶏は飼わない、犬は飼わない、薪はしないなどの追っ手から身を隠す独自の取り決めをしたと伝わっています。そんな平家の落人の生活の場を復元した平家の里では、鎌倉時代の歴史に触れるだけでなく、みやげ物の購入などができます。

Kinu13

料金:510円
営業時間:4/1~11/30 8:00~17:00,12/1~3/31 9:00~16:30
定休日:年中無休

住所:〒321-2601 栃木県日光市湯西川温泉1042
交通アクセス:鬼怒川温泉駅からお車で約45分
駐車料金:無料

9.尚仁沢湧水群

「ショウジンザワユウスイ」と読みます。名水百選にも選ばれており、マイナスイオンをたっぷり浴びながら森林浴を利用できます。豊かな森林の中を清らかな水が滾々と湧き出て、豊かな川の流れとなっています。名水と言われるだけあって、とてもやわらかく、水温は常に11度前後をキープしているので夏場でも冷たいおいしい水を飲むことができます。近くには親水公園があり、ハイキングや自然に興味のない方は、東荒川ダム親水公園に行けば名水を無料で持って帰ることができるので、ポリタンクなどを持って行く事をお勧めします。

Kinu11

住所:〒329-2216 栃木県塩谷郡塩谷町上寺島1616−4
交通アクセス:鬼怒川温泉駅からお車で約60分
駐車料金:無料

10.離れの湯 あけび

日帰り温泉浴専用の、貸切露天風呂の施設が、鬼怒川温泉の「あけび」です。アジアンテイストの雰囲気漂う門構えを抜けると、木立に囲まれた階段が。古民家を意識したラウンジで受付をしたら、コテージの貸切露天風呂へ。内装は一棟一棟違っていて、モダンで居心地がいいです。畳敷きの室内であったり、チェスとが配置されていたりと、コテージによって違いがあるので、様々なくつろぎ方ができそうです。室内は床暖房が効いていて、ポットやCDプレーヤー、冷蔵庫などが置かれているので、食事の持込をしてゆったりとした滞在時間を楽しめます。もちろん鬼怒川を臨むウッドデッキのテラスには、木々に覆われた風情ある露天風呂があります。ご利用は1時間1棟3,800円となり、最大で10時間13,400円で利用が可能。上級者のお客様だと、オードブルやお弁当などを準備されて、コンパニオンをお連れとして利用するなどされています。

Kinu04

料金:3,800円から
営業時間:10:00~10:00
定休日:不定休 要予約

住所:〒321-2525 栃木県日光市小佐越字原19-26
交通アクセス:鬼怒川温泉駅からお車で約9分、鬼怒川温泉駅から東武鬼怒川線で小佐越で下車して徒歩約13分
駐車料金:無料

関連する鬼怒川温泉の特集

Kinugawa07

鬼怒川温泉は旅行成功への近道!

https://enkainet.com/feature/id-63086/

Kinugwa Tokusyu 1

鬼怒川温泉のエッチなピンクコンパニオン体験談!もう我慢できぬ!

https://enkainet.com/feature/id-67911/

Kinugawa Kanko02 Min

鬼怒川温泉駅での時間の使い方

https://enkainet.com/feature/id-71287/

Kinugawa M05

なぜ鬼怒川温泉が宴会男子に人気なのか?

https://enkainet.com/feature/id-71732/

Kinugawa Pac Sanshain02

鬼怒川温泉のお得なコンパニオン付パックプラン!

https://enkainet.com/feature/id-71785/

Kinugawaonsen Kanko01

鬼怒川温泉の定番の旅館5選

https://enkainet.com/feature/id-72012/

無料相談

記事の関連温泉地