ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home »長野県 »伊那・飯田・駒ヶ根・昼神 »昼神温泉旅館一覧 »昼神温泉情報

昼神温泉

お肌よみがえる極上の“美肌の湯”

南信州最大の温泉郷「昼神温泉」

長野県下伊那郡阿智村の「昼神(ひるがみ)温泉」は、南信州最大の温泉郷で、1973年に発見された新しい温泉地です。長野県の西の玄関口、中央自動車道園原ICから約10分、飯田ICからは約15分ほどの立地にあり、名古屋と新宿からは高速バスが連絡しており、アクセスも便利です。阿智川の清流をはさむように大小の温泉宿やホテルが軒を連ね、どこか懐かしい風情で訪れる人を優しく包み込んでくれます。

周辺には旧跡が点在し、遥か万葉の時代から歌に詠われ、源氏物語にもその名をとどめる古代東山道の神坂峠や園原の里など、たくさんの神話や伝説が残っています。自慢の温泉は、恵まれた湯量が評判で、全身を伸ばしてゆっくりと浸かることで、全ての疲れが洗い流されていくことでしょう。温泉の後にはもちろん、男旅のクライマックス、温泉コンパニオン宴会で降り上がれます。美人が多いと言われる信州の、飛び切りの女の子を集めています。可憐な女の子達とお酒を飲むことができる素敵な時間を満喫ください。