ピンク・スーパーコンパニオン宴会の予約なら宴会ネット

Home»特集記事一覧»冬景色が綺麗な温泉地【ピンクコンパニオン対応】

冬景色が綺麗な温泉地【ピンクコンパニオン対応】

2017年12月25日更新

Fuyu

みなさん今年の冬はどうお過ごしですか?ウィンタースポーツに勤しむ方、イルミネーション巡りをする方、寒いので家でゆっくりする方、色々いると思います。そして、温泉旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか?

冬景色、雪がシンシンと降る静かな空気の中で温泉で暖まる。露天風呂の湯船から見る一面雪景色の銀世界は、四季のある日本に生まれて本当に良かったと感じさせてくれます。「極楽極楽・・・」なんて表現は全く良く言ったものです。心も体も丸ハダカになれるそんな時間も現代人には必要です。これぞまさに冬の醍醐味です。

ということで今回は冬景色が綺麗な温泉地と、その温泉地を100倍楽しめるコンパニオンの魅力をご紹介します!

ロマンチックな冬をコンパニオンと

Sample00035 Min

冬景色だけでも十分楽しめますが、コンパニオンがいるとテンション上がりますよね。雪景色と美女の組み合わせは古くより日本ではもっとも美しい組み合わせの一つとされてきました。浮世絵の世界では、画家たちは盛んに、降りしきる雪のなか傘を差し、あるいは雪を眺める女性たちの姿を、色香を添えて描いてきたほどです。

一晩中降りしきる雪、雪が積もった白樺の森、息を飲むほど美しい白い山々、木々の陰から顔をのぞかせる動物たち、白い雪をかぶっていつもとは違った表情を魅せる橋、一歩一歩歩くたびにキュッキュと感触と音を楽しめる真っ白いカーペット、寒い中で特に際立って湯気が立ち登る温泉の湯煙、旅館の暖かな光、旅館の中で食べる綺麗な空気と水で育まれた美味しい料理の数々。

まさに五感をフル活用しながら楽しむことができ、その数ヶ月の間しか楽しめない特別な景色には、どこか寂しげで、どこかワクワクするような、そんな不思議な気持ちになるものです。これだけのものが温泉地では同時に味わえるなんて、とても贅沢の極みですね。

そして、コンパニオンもまた私たちと同じように冬景色をみるとテンションあがる生き物です。事実、冬は不思議とロマンチックなCMやドラマが多くなりますよね。これは女子が不思議と雪景色を見ると、そんなトキめいた気持ちになりがちということを示しているのではないでしょうか?そして、宴会はコンパニオン次第で盛り上がりが変わってきます。そのコンパニオンがテンションが上がるということは、宴会も盛り上がります!「ロマンティック」からの「エロティック」という美しいシュプールのような滑らかさで、宴会は滑るより滑らかに進んでいくに違いません!美女との宴会が盛り上がるということは、結果的に男たちの股間も盛り上がります!笑

そんなコンパニオンの盛り上がりと股間の盛り上がりが絶頂に達したとき、奇跡の”合体技”が放たれます。その名も「冬の大三角形」!!最上の盛り上がりを示す魔法の言葉。細かい理由は分かりませんが、そんな風に業界界隈では呼ばれているとかいないとか。コンパニオンと一冬のアバンチュールも夢じゃない?!

冬景色とコンパニオン宴会が楽しめる温泉地

ここで冬景色とコンパニオンが楽しめる温泉地を紹介していきます。温泉地といってもそれぞれに特徴的な景色や特徴があるので、チェックしていきましょう。少しの小ネタを用意しておくと、コンパニオンとの会話もスムーズに進むかもしれませんよ!?

◆ 浅虫(あさむし)温泉

青森県の夏泊半島の海岸沿いにある「北の熱海」の異名を持つ北東北きっての繁華な温泉地で、平安時代に円光大師が発見したと伝承される由緒ある温泉です。JR浅虫温泉駅を中心に、大型ホテルや旅館が建ち並び、様々なレジャーが楽しめます。温泉に入りながら目の前には陸奥湾の海が広がり、雪景色を見ることができます。ついつい時間を忘れ、ただぼっーと外を眺めてしまい、長湯をしてしまうような素敵な場所です。

◆ 十和田湖温泉

十和田湖観光の中心として賑わう温泉地です。深く美しい木々に覆われた渓谷は、変幻自在に表情を変える水の流れと絶壁を滑り落ちる幾多の滝が、散策する人々を魅了しています。 その奥入瀬渓流の入口から船で渡った地区に湧くのが十和田湖温泉です。大自然が演出する非日常空間をご堪能。大きな窓に森が絵画の様に映し出される食堂や、丹精込めたお料理に舌鼓。自然を心静かに楽しむ極上の滞在ができます。遊覧船や遊歩道で四季折々に彩りを変える美しい景観をご堪能ください。東北新幹線・八戸駅と七戸十和田駅からバスも出ており、アクセスが便利です。

◆ 老神(おいがみ)温泉

赤城山の神が温泉で傷を治して再度戦って二荒山の神を追い返したことから「追い神(老神)」の名がついたという伝説を持つ老神温泉。 利根川支流の中で一番の美しさと称される片品渓谷や吹割の滝などの自然豊かで、尾瀬観光の拠点として多くの人から愛されています。近くに天然記念物の「吹割の滝」があり、独特の渓谷美を見せる神秘的な滝は、その豪快さから東洋のナイアガラの愛称で親しまれています。周辺には、遊歩道や観爆台が設備されており、絶景を味わうことができます。

◆ 山中温泉

山中温泉は、日本三大名湯のひとつで「体の芯まで沁み渡り身も心も潤す」と芭蕉も絶賛したとされています。以来300年余の時が流れた今もなお、ここ山中の地にはこんこんと湧く温泉と豊かな自然、日本の美と心が受け継がれています。遊歩道が整備され、四季折々の彩りを見せる美しい山々の自然を心のままに楽しむことができます。特に鶴仙渓にかかる橋の雪景色が特徴的で多くの人を魅了しています。浴客が必ず訪れる風雅な総ひのき造りの橋「こおろぎ橋」、他に無いユニークな形と美しい赤色の「あやとりはし」、石橋が独特の趣を感じさせる「黒谷橋」、鶴仙渓は山中温泉の代表的な景勝地となっています。

◆ 越後湯沢温泉

開湯800年の歴史をもつ越後湯沢温泉は川端康成の「雪国」の世界が広がる温泉地です。雪深い秘湯だった越後湯沢温泉を全国的に有名にしたのが「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という書き出しで始まる小説です。文字通り、JR上越線でトンネルを抜ける瞬間、明るくなった視界に広がるのは真っ白な“雪国”の世界。また、日本一ともいわれる魚沼産コシヒカリの産地であり、おいしいお米と地酒と文化的な温泉で、日本の文化をかみ締めることができます。近年は、外湯めぐり構想のもと、数ケ所の温泉公衆浴場や民間入浴施設が整備され、スキー客などでにぎわっています。

ココロも体もホカホカな冬

Izunagaoka Tokusyu 1

寒い中から帰ってきて入るこたつの暖かさは素晴らしいですよね。もう外には出たくない!なんて思ってしまうほどです。しかし、冬景色とコンパニオンのコンビはその比ではありません。白い景色をバックにした美女はより美しさを際立たせます。まさに自然のコントラストと、天然のレフ板が織りなす、ウィンターマジックです!白い景色をバックに”バック”してもいいですよね。笑

寒くなると誰しも、ふと人肌恋しくなるものです。女の子と抱き合って添い寝する至福のひと時を想像すれば、誰もがその豊かさに共感するはずです。外気の寒さと反比例するような、柔らかで温かく気持ちがいいその触感は、全てを包み込み癒す女神のようです・・・女神好きですか?僕は大好きです!!きっとみなさんもそうだと思います。温泉地でロマンスの女神様はあなたのことを待っていますよ。美しい冬景色で心でこころを暖かく、体はコンパニオンであたためてください。

また暖かいコタツから出ることなく、自分の宿に来てもらうことができるのがコンパニオンと雪景色の相性が良いと言われる所以の一つでもあります。電話一本、宅配ピザ感覚の手軽さで極上の体験ができるなんて、信じられません。温泉地まできてこれをしない手はないですよね!?

ロマンチックな冬景色とコンパニオンの相性は抜群。冬の旅行はコンパニオン宴会で決まり!

無料相談